東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[英語] 話すための第一歩

典型的な日本人で、典型的な日本における英語教育を受けてきた人は、概して英語での会話が苦手な傾向がある。

それは日本語と英語で、言語としての構造や語源が月とスッポンほど違うということもあるが、大きな原因としては学校での教育に会話の訓練が欠けているためではないかと思っている。会話の訓練はアウトプットとして本人が自発的に英語を発することを要求されるから、中学高校のような集団教育では一人一人を丁寧にみることができないためだろう。

構造も単語も全く異なる英語を日本人が話せるようになるためには、そのための訓練が必要だ。

具体的にどのような訓練が必要か?

訓練としてやることは原理としては簡単で、
「ゼロから何も見ずに英語のフレーズを発する」
ことをやればいい。

そして、多くの日本人は、まず言語の一番初歩的なレベルから訓練するべきだと思う。

千里の道も一歩から。

一番簡単な文が話せなくて、複雑な文が話せるようになるわけがない。



例えば下記のような意味のフレーズをあなたは英語で言えますか?

・あの大きな家はあなたのですか?

・あなたの子供たちはいつ宿題をしますか?

・その時彼らは先生の言うことを聞いていなかった。

・彼女は、弟はテレビを見ているのだと言った。

・彼女は、歴史を勉強している大学生ですか?


これらのフレーズは語彙や文の構造としては中学校レベルだ。スラスラ英語に変換できただろうか?この程度のフレーズは最も基礎的なものなので、これらのものがスラスラ変換できないなら、まず変換できるように訓練しなくてはならない。
その訓練用にお薦めするのがこの本。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

僕が大学に入って会話の対策を始めた時、まずこの本を買って勉強した。実は上の例文もこの本からランダムに取ってきたものだ。

やることとしては、文のパターンごとに少しずつ使用する単語が異なる似たような分がセクションごとに羅列されているので、その日本文を見て瞬時に英語に変換できるようにすること。それだけだ。
一回やっただけだと必ず忘れるので、それを何周も行ってしっかりと身に付ける。
この本のレベルとしては中学1年から3年レベルの文しか載ってないが、実は中学三年レベルの文法がマスターできていれば、大抵のフレーズはその応用で組み立てることができるので、この本をマスターすれば大分会話の世界が広がると思われる。

スポンサーサイト

僕の英語学習史 ~誕生から英検1級まで~

長い間目標にしてきた英検1級に合格し、継続して取り組んできた英語学習も一つの山を越えたような感覚がある。もちろん、まだバイリンガルには程遠いレベルだし、まだまだ発展途上ではあるが、ここで僕が過去にどのように英語と関わってきたかを振り返ってみたい。海外在住経験無しで英検1級に合格した奴はこんな奴なのか、と参考程度に見てほしい。

誕生
典型的な日本人の家庭に生まれる。ちなみに両親は全く英語を話せない。

小学校卒業まで
英語とは無縁の生活を送る。

中学校
授業で初めて英語に触れる。
1年生の一学期の中間テストで"small"の綴りを"smoll"と書いて×をくらう。
英語の成績は悪くは無かったが、特に得意教科としての意識があったわけではない。
得意だったのは理系教科で、英語はその他の特に得意でない文系教科の中のひとつ。
学校で受けさせられた英検3級に合格する
英語に対して何か特別な勉強をしたことはなく、学校で課される典型的な日本的英語教育をまっとうし、中学校を終える。

高校~大学入学まで
1年生の時は中学校と同じ状況で、悪くは無いが格段良くもない成績。
2年生に進学すると同時にとある事情で突如英語が得意科目に変わる。
英語で安定して好成績を残すようになり、3年生になるころにはセンター試験で9割を取る。
英文法に関しては高校で真面目に取り組んだことがそのまま後の土台になった。
また、2年生以降は単語を覚える時に発音やアクセントも一緒に覚えるようになった。
受験でも英語は得意科目として点数を牽引した(が、仮面浪人をする)。
ただし、まだ典型的な日本的英語教育の範疇にあり、会話はほぼ無理。

大学入学~学部卒業まで
受験英語から無事に離れることができたが、
将来使うことが分かっていたので、大学入学後も真面目に英語の勉強を継続する。
この頃からスピーキングの訓練を意識するようになる。
英語の授業で「國弘流英語の話しかた」を読まされる
この頃よくやっていた勉強法は、授業の教材や英語のpodcastを聞き、ネイティブの真似をしながら音読すること。
大学4年になって研究室に配属され、生まれて初めて英語を授業以外で話すシチュエーションが訪れる。
研究室にいた留学生とよく英語で会話するようになる
外国語で外国人とコミュニケーションを取る楽しさを知る。

大学院修士
研究の傍ら、英語の勉強は継続。
通学の時間は英語のpodcastを聞いた。
このころアメリカのアニメ(South park)や英語に吹きかえられた日本のアニメをよく見た。
研究室の留学生や、短期インターンシップの留学生と積極的に話す。

大学院博士
博士1年次にそろそろいけるか?と英検1級を受験するも、筆記試験で語彙問題の前に撃沈する。
それから語彙にも意識して勉強を継続する。
博士3年次夏の英検1級試験で筆記試験に合格点+1点で合格する
しかし、2次試験の面接は合格点-3点で落ちる
同時期にTOEICで905点を取る。
次の試験で決めてしまいたかったので、秋頃から先生を雇ってスピーチと会話を見てもらう。
11月の試験で見事英検1級2次試験に合格する




こんな感じだ。中学校で英語をやり始めてから10年以上やってるので、すごく長く感じる。ヨーロッパの英語が得意な国とかはもっと短い期間で僕が今いる地点に到達するだろうし、日本人で海外在住経験の無い人でも、早い人は大学入学して間もなく英検1級を取ったりするので、随分時間が掛かったなという気がする。こうやってさらっと書くと、折々にどれくらい注力して勉強していたかというのが分かりづらいが、大学入学後は頭の中に常に「英語は必要」と意識があったので、暇を見つけては英語に触れていたかもしれない。

もう少し具体的なことも今後記事にしていきたい。

英検1級合格したぜ

結果が判明してから少し時間が経ってしまったが、ブログでも報告したい。

春に1次試験を通過したものの2次試験の面接で合格点に3点足りなかった。
今回は1次試験免除で2次試験対策に集中でき、結果雪辱を果たすことができた。




78点は前回から21点アップ。劇的改善。

以下は点数の内訳。




前回の点数内訳と比べると、特にスピーチの点が大幅にアップしている。これは真面目に対策した結果だと思う。スピーチをバッチリ決められたので、その他の項目もそれにつられて上昇したのではないかと思っている。

ひとまず3月に設定した目標を無事達成することができ、安堵している。そして偉そうに英語の勉強法などの記事を投稿してきたことをとりあえず明確な資格で裏打ちすることができてほっとしている(順番が逆かもしれないが)。

英検の件があったので、英語カテゴリーの投稿をしばらく休止していたが、これからまた時間があるときに再開しようと思う。今回2次試験対策で行ったことなども書いていきたい。

英検1級2次試験とTOEICの結果

先日受けた英検1級の2次試験の結果と、TOEICの結果がわかったので報告したい。




まずは英検1級の2次試験



合格点60点のところ57点で不合格だった。
個人的な手応えとしてはもっと低いと思っていたので、
合格点まであと3点だったのは意外だった。

点数の内訳




とってもバランスがいい。これだけ見るとバランス良く可もなく不可もない点数を取っている。 個人的な感覚だとスピーチとグラマーボキャブラリーはもっと低いと思っていた。 試験中もっとこうしてれば良かったなというのは、質疑応答の時にYes, Noで答えられる質問に対して、 ストレートに簡潔に答えすぎた。もっと関連する事項を積極的に話した方が印象が良かったかもしれない。 スピーチも自分で話してて支離滅裂だなと思ったのだが、意外に半分点数が取れていたので、 ちゃんと対策して挑めば点数を上げられるように思う。

今回初めて2次試験を受けて、現在の自分の実力とそれがどのように評価されるかの目安がつかめたので、次回に生かすことができる。次回は1次試験免除で2次試験対策に集中できるし、次で絶対に決めたい。

これまで通り独学で対策するのも良いだろうが、なんとなくもっと英語に対して刺激的な状況に身を置いてみても良い気がするので、英語スクールの講座を取ることも考えている。探して目的に合うものがあったら検討したい。





そしてTOEIC



905点だった。ろくに対策もせずに初めて受けた割には上出来なのではないだろうか。個人的にTOEICはテスト内容に全然魅力を感じないので、たぶんもう受けないと思う。


その代わりにTOEFLを受けてみようと思っている。ちょっと形式を見てみたが、英語の話す書く読む聞く能力が総合的に求められている。ちょっと尻込みしたが、こっちの方がやりがいを感じる。秋くらいに受けてみようと思う。

英検1級一次試験の結果

ツイッターでは既にお知らせしていたが、英検1級一次試験の結果が出た。




合格点78点のところ79点で合格した。分野別の得点は以下の通り。




今回の語彙問題との相性が良かったのか思ったより取れたことと、その他の分野でも手堅く得点できたことが大きい。リスニングでもうちょっと取りたかったのだが、ギリギリでもとりあえず目標は達成したので良かったとしよう。エッセイでどれくらい取れるのか未知数で、しかも終了後にミスしていたと思い当たった表現が2・3あったのでてっきり落ちたと思っていた。落ちたと思っていたので2次試験の対策を全然していなかった。2次試験まで残り2週間を切っているが、ベストを尽くしたい。


本当は以前のようにこれまでやってきた英語の勉強法について投稿しようと思っていたのだが、現状英検1級に挑戦中の状態で勉強法を語られても説得力が薄いと思われるので、とりあえず2次試験にも合格するまで英語の勉強法についての記事は控えようと思う。受かった後には今回1次試験の対策に行っていたこと等もできたら記事にしたいと思う。


Top|Next »

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。