東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人の作家のつぶやきから考えること

昨日SNSでこんなものが目に入ってきた。

現役作家の、プロを辞める理由が他人事に思えない件-togetter

転がる石のように。 -上と同じ内容を本人がまとめたブログ記事


作家の橋本紡さんが、小説を書くのを辞めようとする理由を書いている。

いくつか印象に残る言葉があったので引用してみる


作家というのは、崖にかかった丸太橋を、何度も何度も渡るような仕事だからだ。長い作品を書くたび、僕たちは丸太橋に挑む。丸太橋は細く、でこぼこで、たいていは渡りきれない。落ちてしまう。

大半の人は、そもそも丸太橋を渡ろうとはしない。百人が足をかけても、そのうち九十九人は落ちると知っているからだ。まっとうな感覚を持っている人は、近づくことさえ避ける。けれど、作家という愚かな生き物は、なにも考えず、丸太橋を渡ろうとする。落ちることなんて考えていない。僕たちは賢明ではない。ひたすらに愚かなのだ。



また、本が読まれなくなっていることについても

僕が抱く悲しみのひとつは、そういった状況だ。小説は以前ほど、必要とされていない。自分の表現ができればいいと考えている作家もいるけれど、僕はそうではない。僕は読まれたい。伝えたい。部数とは、読者の数でもある。言葉、思いが、伝わる相手の数だ。どんどん本が読まれなくなっていく現実は、ひとりの書き手として、とてもつらいことだった。そして、それが不可逆的な過程であることは、よくわかっていた。




正直に言うと、これを読む前は橋本紡さんの名前すら知らなかったが、
このまとめやブログを読んで今度彼の作品を読んでみたいと思った。
橋本紡さんの小説を書くことに対する思いがよく伝わってきた。
橋本紡さんがいかに書くということに全身全霊で取り組んできたかが分かった。

僕が小説を読む理由は、彼らが丸太橋を渡っている姿に感動したり共感したりするからだ。
そこには作家の生き方がよく表れる
彼らがどのように生きてきたのか-丸太橋を渡るのか-を知れることが小説を読むことの楽しみだ。
だからそこまで強い意志を持って書かれた作品なら是非とも読んでみたい。

同時に出版業界が衰退して、そのような作品に触れられる機会が減ってしまうのは、
とても残念なことだ。
それが社会の構造的な問題なのか、時代の変化の問題なのか、
それともその両方なのかというのは僕にはわからない。

僕は家人を得て、子供も得た。一男一女。喧嘩しながらも、苛々しながらも、悪くない日々だ。チョコレートをたっぷり味わっている。けれど、世の中は、そうではない。学生時代の友人たちの多くは、結婚していない。もちろん子供もいない。公的な統計によると、日本の二十代、三十代の三割ほどは、未婚のまま生きていくそうだ。子供を持つ人間は半分くらい。仕事柄、作家や、書店員との付きあいも多いけれど、彼らに絞ってみると、割合はさらに高くなるのではないか。僕自身がそうだったように、本好きは人間関係があまり上手じゃない。この国、日本においては、子供を持たない人々が多数派になろうとしている。

傾向は鮮明だ。市場は嘘をつかない。現実を反映する。男女の関係を描いた小説は今、まったく売れなくなった。家族を描いた小説は今、まったく売れなくなった。大人を描いた小説は今、まったく売れなった。



例えば僕個人が、他人との心の底からの深い交流を渇望しているかと聞かれると、
そうではないような気がするし、
とは言っても他人との交流は社会が存在する上で必ず生じるものだし、
たとえ今の自分のリアルと一致しなくても、その作品が良作なら読んでみたいと思う。

もちろん僕一人がそう思ったところで、彼のような作家が救われるわけではない。
時代は変わっているのだろうか。
それでも、少子化にも関わらずドラえもんの映画は毎年動員数を伸ばしている
なんていうのを聞くと、それは作家の言い訳のようにも聞こえてしまう。

もう二年くらい前に書いたことだけれど、ポップカルチャーは消費されていくものだ。僕たちは、それを恐れるべきではない。時代についていけなくなった表現者は、ただ消えればいいのだ。社会を恨んでも仕方ない。その社会がたとえ、行き詰まりに向かっていたとしても。恨むべきなのは、社会を変えられなかった自分だ。至らなかった自分だ。誰かのせいにはできない。 



そこには、

「たくさんの人に読まれたい」

という思いと、

「時代に迎合するような小説では意味が無い」

というジレンマがある。

そして橋本紡さんは、表現者として時代遅れになったなら消える道しかないという。
確かにそうなのかもしれないが、
やはり彼らのような表現者の活躍する場がなくなっていくのはとても悲しいことだ。
具体的なアイデアは湧かないが、
また彼らのような作家が脚光を浴びれるような、
時代に合ったシステムやサービスが生まれることを願う。

スポンサーサイト

[英語] 音読・丸暗記はなぜ効果的なのか

前回の投稿で音読・丸暗記をゴリ押ししたが、
なぜそれが英語学習に効果的なのかという理由をあまり語ってなかったので、
今回はそれについて説明したい。

1.動画や音源を真似して音読することで、英語のイントネーションを身に付けられる。

僕が音読を薦める一番の理由はこれだ。

以前の投稿でも書いたが、英語の発声における要素には階層性がある。

単語を発声するときの要素・・・発音・アクセント
文やフレーズを話すときの要素・・・イントネーション

発音とアクセントは辞書を引けば調べることができる。
その単語の発音記号とアクセントの位置を確認すれば良い。
最近の電子辞書やweb辞書は親切に実際に発声してくれる機能もある。

イントネーションとは、複数の単語が組み合わさった文を話すときに、
どのように抑揚をつけて発声するかということである。

例えば以下のような英文があったとする。
I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world.

この文をネイティブスピーカーが話す時、
それは当然ながら辞書的な発音を単調に並べたようには聞こえない。
微妙に強く読まれる単語、速く詰めたように読まれる部分、
微妙な音の高低がある。
具体的にはhonored, commencement, finest universities などは強く強調して読まれ、
at your, from one of the などは素早く詰めたように読まれる。
(前回の投稿で貼ったスティーブ・ジョブズのスピーチの冒頭の言葉なので、気になる方は確認してみてほしい)

これがイントネーションと呼ばれるものである。
このイントネーション、伝わる英語を話すには、実はものすごく重要だ。
なぜなら、僕がこれまで経験してきた話し手の意図が伝わっていない場面を思い出すと、
多くの場合話し手のイントネーションが滅茶苦茶なことが多かったからだ。

問題なのは、
イントネーションを理屈で説明するのは難しい
ということだ。

そう、イントネーションは発音記号のように文字などで説明することが難しいのだ。

ではどうするか?

体で覚える!


文章を音読する際に、ネイティブスピーカーの真似をしながら話すのだ。

動画や音源を聴き、そのネイティブスピーカーが話すのを忠実に再現して音読する。
そうやって練習して今度は自分が話すのを録音して聞き、
本家と聞き比べてどのように違うかを確認し、それを修正してまた音読の練習をする。

これを繰り返していれば、自然と英語のイントネーションが身に付くはずだ。

だから、スティーブ・ジョブズのスピーチを音読するときは、
ただ原稿を読むだけでなく、
スティーブ・ジョブズになりきって音読する
それだけでずいぶん変わってくると思う。




2.丸暗記することで、フレーズがそのまま覚えられる。

日本の義務教育や高校での英語は、文法と読解を主に勉強する。
理論的には正しい文法の知識と正しい語彙があれば、
英語の文を組み立てることができる。
それでは高校を卒業した人がみんな英語が話せるようになるかというと、
そんなことは全くないというのはみなさんわかるだろう。

もちろん簡単な文なら話せる人が多いと思う。
けれども、学校で勉強しただけの人が長い文章を作ろうとすると、
ネイティブスピーカーが使わない不自然な表現をしてしまうことがよくあると思う。

例えば、「Pardon?」は相手に聞き返すときに使う言葉として学校で習うと思う。
しかし、僕はこれまで多くのネイティブスピーカーと話す機会があったが、
彼らが「Pardon?」と言っているのを聞いたことが無い。
大抵「Sorry?」と聞き返すか、もしくは「Could you repeat that?」等を使っていた。

Pardonは極端な例だが、ネイティブスピーカーと会話するなら、
ネイティブスピーカーが普段使っている自然な英語を使った方が伝わる可能性が高い。

そして自然な英語を覚えたいなら、
理想的には
ネイティブの話すフレーズをそのままコピーすることだ

そこで丸暗記である。
丸暗記していると、普段の会話でふと丸暗記したフレーズをそのまま使う機会がよくある。
そのままではなくても、単語を少し変えて使うことは多々ある。
つまり丸暗記すればするほど、使えるフレーズが増えていく。

そんなわけで、僕は丸暗記することを薦める。

[英語] 音読すべし。そして丸暗記すべし。

大学に入って、教養課程で少人数の英語の講義を取った。
講師はアメリカ人だった。

授業はすべて英語で行われた。
ただし、講師の日本滞在歴が長いのか、時折日本語が混じる。
質問されてトンチンカンな回答をすると、
「You are カボチャ!!」と罵られる。(君はバカだね、という意味らしい)

ある日は大学の雑務が溜まりに溜まってイライラしていて、
授業中に「Super....メンドクサーーーイ」
と叫んでいた。

それは余談として、講義はすべて英語で行われるのに、
最初の講義で何故か日本語の本を買わされた。
期日までに読んで英語でそれについてエッセイを書けとのことだ。

國弘流英語の話しかた國弘流英語の話しかた
(1999/12/25)
國弘 正雄

商品詳細を見る


カタコトの日本語しか話さない講師が日本語で書かれたこの本を読んだとは思えないのだが、
とにかく読めということらしいので、読んだ。

國弘正雄さんは「同時通訳の神」と呼ばれた有名な通訳者だ。
読んだのはだいぶ前なので記憶が曖昧だが、
留学経験無しで著者がどのように英語を習得したかが書かれていた。
興味のある方は読んでいただければ良いと思うが、
内容を端的にまとめると、中学レベルの英文を繰り返し音読して暗記し、
近くの米軍基地のアメリカ人を捕まえて発音やイントネーションを学んだ。
という内容だった気がする。

「音読」「丸暗記」というのは、英語の習得法としてよく耳にする。
高校の先生も言っていた気がするし、國弘さんも言っているし、
東進ハイスクールの講師も言っている。

それだけみんなが言うならきっと有効な習得法なんだろうと、僕も実践した。
色々な文章を丸暗記してきたと思う。
それは、たぶん英語の習得に効果的だったと思う。

(「たぶん」とつけたのは、それ以外にも色々な勉強法を試していたので、
どれがどのくらい効いたかなんて、はっきりとわからないから。
でもこれだけたくさんの人が言うということは、やっぱり効果的なんだと思う。)

冒頭で出てきた大学の英語の講師も、とある文章を配って、
これを丸暗記して暗唱できるようにしろと言ってきた。
実際に暗唱のテストもした。
何の文章を配ったかというと、
ゲティスバーグでのリンカーンの演説
「人民の、人民による、人民のための・・・」で有名なやつだ。
この演説が行われたのは、1865年だ。約150年前だ。

読んでみると分かるが、何となく格調高い文章だということは分かるのだが、
構文が複雑だし、まず精読して意味を正確に捉えるのが大変だった。
暗記しないと単位がもらえないので暗記したが、当時は
「こんな英語丸暗記しても使う機会ねーよ」
と思っていた。
だから、僕は皆さんにリンカーンの演説の丸暗記を薦めるようなことはしない。

幸いに今はインターネットがある。全世界に瞬時につながるツールがある。
当然英語の自然な教材がその辺にごろごろ転がっている。

僕が英語の勉強をするうえで皆に薦めたいことは、
面白い教材を使えば勉強が面白くなる
ということだ。

リンカーンの演説は個人的な立場で言わせてもらえば、つまらない。
つまらないものは丸暗記にも身が入らない。
僕のお勧めは、アップルの創始者スティーブ・ジョブズ
スタンフォードで行った伝説の演説だ。




スタンフォード大学の卒業生に向けて行われたこのスピーチ、
スティーブ・ジョブズの生涯を振り返るような内容で、
15分あるがテンポよく無駄なく進み、聞く人を飽きさせず、
なおかつ教訓に満ち溢れている、素晴らしいスピーチだと思う。
もちろん原稿もある。
これは丸暗記して繰り返し音読するに値する教材だと思う。

同様の教材として、ハリーポッターの原作者、
JKローリングがハーバード大学で行ったスピーチもある。




JKローリングのスピーチの原稿


それから、お薦めの教材として、TEDというサイトがある。

このサイトではプレゼンテーションが上手な人のプレゼンが集約されている。
プレゼンテーションの練習にもなる。
この中でも有名な脳科学者のプレゼンを貼る。


Jill Bolte Taylor's stroke of insight



脳卒中により一部の脳機能が麻痺したとき、
どのように感じたかを語っている。
脳科学はまだわかってないことだらけなので、
見る人が見ると科学的にツッコみたくなるところもあるのだが、
実際に脳卒中を起こし、
感覚に変化をきたした経験を話すその話しぶりには息をのむものがある。
TEDの動画は英語や日本語のスクリプトを表示させる機能があるので
学習者にとっても便利である。

ただし、最初から日本語字幕を付けるのは絶対にお薦めしない。
どうしてもわからなかったところだけ日本語を確認すべきだ。

関連投稿
[英語] 音読・丸暗記はなぜ効果的なのか
[英語] YouTubeを使った英語学習

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。