東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面浪人をした話

高校卒業から1年間、とある大学で所謂仮面浪人をしていた。

現役の時に受験した第一志望には見事に落ちた。運よく滑り止まった大学に行こうか迷ったのだが、周りに相談するとどの人も第一志望はあきらめて受かったところに行けという。全然気が乗らなかったが、仕方が無くとりあえず大学生になることにした。

晴れて桜咲くキャンパスに新入生として足を踏み入れた。しかし、僕の気分にはどんよりと分厚い雲が立ち込めていた。思い返せば僕はこの大学を卒業する気は無く、最初から仮面浪人をするつもりだったのだろう。その大学に入りたいサークルがあったのだが、入らなかった。

勉強する時間を確保するためだ。

根っからの負けず嫌いだ。高3の時は第一志望に合格したい一心で勉強した。毎日寝る間を惜しんで勉強した。それなのに、ダメだった。その事実は僕の心の中の壁に突き刺さり、取り除くことができなかった。自分があんなに望んで手に入れたいと全身全霊をかけて取り組んできたことに、失敗した。このまま終わっていいのか、失敗してそのまま引き下がっていいのかという自分への問いかけは一向に止まなかった。

こうして仮面浪人の一年が始まる。

同級生がサークルに入ったりクラスの友達とつるんで遊んだりして、各々の大学生活を楽しみ始めていた時、僕は講義が終わったら自宅に直行して勉強し、空きコマは図書館で勉強した。通学の電車の中でもせっせと英単語を覚えた。仮面浪人に失敗した時に留年するのは嫌だったので、講義は真面目に出席して真面目に聞いた。履修した講義の単位はひとつも落とさなかった。

この時僕は正真正銘のぼっちだった。

自慢ではないが、友達と呼べる人は一人もできなかった。一緒に遊ぶ友達も一緒に御飯を食べる友達も、どんな友達もできなかった。別に友達を作りたくないわけじゃなかったが、近くに気が合う人がいなかったんだと思う。講義はいつも前の方で一人で座り、昼飯は食堂の端っこの方でいつもおひとり様をやっていた。おひとり様の良い点は、混んでる時でも必ず席を見つけられること。3人とか5人の奇数グループの一人空いた席に平然と座り、後はウイーーンと自分の周りに見えないついたてを作ってひたすら空腹を満たせば良い。

回りからどう見られるか、どう思われるかを気にしない特技を身に付けたのはこの時かもしれない。

当然寂しかったと思う。エナメルのスポーツバッグを提げて講義室の一番後ろに陣取る学生、講義である日並んで座りだして付き合い始めたことがあからさまなカップル、帰り際にサークル棟から聞こえてくる管楽器の音。そういう景色を横目に唇を噛みながら日々を過ごしていた。しかし、そんな羨ましい光景を前にしても頑なに意思を変えないほど、自分にとって第一志望不合格の雪辱は大きかった。

その大学でやってきた冬が終わろうという時に無事仮面浪人を終了できると知った時は、本当に救われた。ずっと心の中に突き刺さっていたとげをようやく抜くことができ、仮面浪人先で耐えたすべてのことが報われた瞬間だった。同時に、失敗しても諦めなければチャンスがあるんだ、しっかりと仕事を積み重ねれば達成できるんだということを身をもって実感した瞬間だった。

【関連投稿】
仮面浪人をした話 その2
仮面浪人をした話 その3


スポンサーサイト

英検1級一次試験の結果

ツイッターでは既にお知らせしていたが、英検1級一次試験の結果が出た。




合格点78点のところ79点で合格した。分野別の得点は以下の通り。




今回の語彙問題との相性が良かったのか思ったより取れたことと、その他の分野でも手堅く得点できたことが大きい。リスニングでもうちょっと取りたかったのだが、ギリギリでもとりあえず目標は達成したので良かったとしよう。エッセイでどれくらい取れるのか未知数で、しかも終了後にミスしていたと思い当たった表現が2・3あったのでてっきり落ちたと思っていた。落ちたと思っていたので2次試験の対策を全然していなかった。2次試験まで残り2週間を切っているが、ベストを尽くしたい。


本当は以前のようにこれまでやってきた英語の勉強法について投稿しようと思っていたのだが、現状英検1級に挑戦中の状態で勉強法を語られても説得力が薄いと思われるので、とりあえず2次試験にも合格するまで英語の勉強法についての記事は控えようと思う。受かった後には今回1次試験の対策に行っていたこと等もできたら記事にしたいと思う。


ワールドカップの思い出

まだ小さかった頃、僕はサッカー選手になりたかった。

小学校の卒業アルバムを開くと、将来の夢はサッカー選手としっかり書いてある。当時は本当にサッカーが好きでサッカー選手になりたかった。

ドーハの悲劇とかワールドカップアメリカ大会の頃はまだ低学年だったが、家族がテレビで観ていたのを一緒に観ていた記憶がある。たぶんその頃から公園で父とボールを蹴り始めたと思う。

フランス大会の頃はサッカー好きの絶頂期で、その頃はプロになって代表になってワールドカップに出るんだと意気込んでいた。ただし、強豪校やユースに入っていたわけでなく、実力は至って平均的なもので現実的に考えて日本のトップを目指せる素質があるわけでは無かった。


小さかった自分も、年を重ねると当然そういう現実を受け入れるようになる。

それでも日韓大会のころまでは部活に入って毎日ボールを蹴っていた。

それまでずっと続けてきたサッカーを止めるなんてことは思いつかなかったからだ。

高校1年のある日、サッカーは元々楽しくてやっていたはずなのに、部活に向かう足が重くなっていることに気が付いた。

顧問との相性が悪かったのかもしれない。部活の雰囲気が合わなかったのかもしれない。サッカーを嫌いになったわけではないが、そこで行われている活動にわざわざ赴く意義を見出せなくなって、部活を辞めた。

その時のショックの大きさをまだよく覚えている。自分にプロになる実力が無いということはとっくに分かってたはず。それでも、小さいころあんなに憧れた、あんなに大好きだったサッカーを、辞めた。自分で選択したことだったが、何ヶ月か心にぽっかりと大きな穴が開いたようだった。

それから僕にとってのサッカーは基本的に"観る"ものになった。ごくたまに友人と実際にプレイした。

ドイツ大会の時は大学生だった。明確な戦術が無いが何故か大事な試合では勝ってきたジーコジャパンが、本番で良い所なくグループ最下位に終わるのを当時流行っていたmixiにブツブツと愚痴を書き込みながら見ていたのを覚えている。

「彼」のことを認知し始めたのはそれから2年後の北京オリンピックの時。当時は特に強い印象を持たなかったのだが、その後発言が偉そうだとマスコミに叩かれた時に、「とりわけ目立たなかったのに態度だけはでかいんだな」と思った。そのうち消えるだろうとも思った。

だがその予想は間違っていた。彼、本田圭佑は2010年の南アフリカ大会に2年前からは一回りも二回りも大きくなって再び現れ、短い間に代表の中心選手に成り上がった。日韓大会以来の16強進出に熱狂したのは彼のおかげと言っても過言ではないだろう。デンマーク戦の日は授業の一環で病院見学があったのだが、早朝の勝利を受けて医師や看護師がハイタッチしている輪に自分も加わったのを覚えている。

僕は本田圭佑と同い年だ。そのこともあって、彼には一目置いている。彼のぶれずに着々とステップを上って夢を叶えていく姿を見て、彼を尊敬している。

高校一年の時にサッカー部を辞めた時、僕はいたずらに「信じれば夢は叶う」とふれこむ各界の著名人に腹を立てていた。夢を叶えられる人なんか選ばれたごく一部の人だけではないかと。しかし、本田圭佑を見ていると「信じれば夢は叶う」というのもあながち嘘ではないのかなという気になってくる。とりわけ足が速いわけでもなく、体格にも恵まれているというわけではないだろう。それでも、その不屈で強靭な精神力で着実に成長して、本当にビッグクラブに入ってしまう。僕は北京オリンピックの直後に彼を見くびっていたことを彼に謝りたい。彼は、人は努力次第でこんなにも成長できるんだということを身をもって示してくれた。そしてそんな同い年の彼を見て、研究者になるという新たな夢を持った僕も自分を奮い立たせることができる。

ブラジル大会。コートジボワール戦は残念だったが、まだ2試合ある。また4年前みたいに熱狂させてほしい。頑張れニッポン!

英検一級の過去問を解いてみた

英検一級の試験が来週の日曜日に迫ったので、時間を測って過去問を解いてみた。
ちなみに過去問は過去3回分が英検の公式webサイトから無料で落とせる。
今回解いたのは2013年度の第一回。

以下自己採点の結果

大問1(語彙)
11点(25点中)

大問2・3(読解)
23点(26点中)

大問4のエッセイは書いたが省略(配点は28点)

リスニング
25点(34点中)


エッセイを除いた合計点は59点。
これに28点満点のエッセイの点数が足される。
このサイトによると、この回の合格点は78点なので、エッセイで19点取れば一次試験を通過出来たことになる。

もうちょっと点を取れると思っていたので悔しい。エッセイで何点取れるかは未知数なので、この感じだと通ったとしてもギリギリだし、通らない可能性の方が高そうだ。受験の模試に例えるとC~D判定といったところだろうか。

あと一週間追い込んでどうなるか?とりあえず落ちたくないので頑張りたい。



以下解いていて感じたことのメモ

・語彙問題は分からない単語ばかりだけど、問題文を読んで単語のスペルを眺めているとなんとなく正解を導ける場合がある。真剣に考えて解いたら思ったより点が取れた。(それでも受験者平均より低いが)

・読解問題は時にかなり嫌らしい出題の仕方がある。出題文をかなり強引に解釈している場合や、消去法で選択肢を消していって残った選択肢が「どうもしっくりこないけど間違ったことは言ってない」から正解という場合がある。

・読解とリスニングを満点取れればエッセイと語彙は受験者平均より下でも大丈夫そう。個人的にこの2つをいかに落とさないかが鍵。

・リスニング問題(特にpart 3)は出題形式が独特なので、形式に慣れることでかなり正答率を上げられそう。part 3はsituationとquestionだけじゃなく、選択肢にも目を通しておいた方が良い。というのも、聞き落としやすい固有名詞が選択肢に書かれている場合が多いので、聞き取りのヒントになる。

・たまにブリティッシュアクセントの人が出てくる。アメリカのアクセント慣れている自分は一瞬「!?」となったが、聞き取りは普通に出来た。勉強の際にアメリカ英語やイギリス英語はそこまで気にする必要はなさそう。ただし基本はアメリカ英語。

・リスニングは間髪入れずに次の問題に行くので、わからなかった問題を引きずらないことが大事。


こういうTipsは英語力そのものというより試験のためのテクニックなので、本当はこんなこと考えなくてもスラっと通ってしまう圧倒的な英語力を付けたかったが、現実問題として試験1週間前にボーダーの下なので・・・しょうがないかな・・・?

ちなみに英検の受験票はこんな感じ。写真を貼らないといけない。


Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。