東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説] 「さらば、夏の光よ」 遠藤周作

さらば、夏の光よ (講談社文庫)さらば、夏の光よ (講談社文庫)
(2013/12/13)
遠藤周作

商品詳細を見る


"吹雪がおさまったあとの山をあなたは知っているだろうか。山小屋の扉を押しあけてその銀色の世界と向き合う時、私はその眼もくらむような白い拡がりよりは、そこを支配している沈黙にうたれる"

とある大学で講師をしている小説家が、ひょんなきっかけから学生の恋の仲人を務めることになる。一人の学生が同じ大学の綺麗な女の子に恋をし、近づくための試行錯誤を経た結果結ばれる。しかし、実はその男子学生の親友も同じ女性に恋をしていた。小説家は学生たちの時に微笑ましい、時に過酷な青春の一部始終を目撃することとなる。

物語で、思いを寄せる女の子を親友に取られてしまった学生・野呂は、ずんぐりと太っているうえ低身長で、女性たちから「生理的に受け付けない男子」として忌み嫌われている。いくら真面目で優しい性格を持っていても、女性たちの恋愛対象にはなれない。そんな野呂が恋に落ちた時、相手から好かれることが無いと分かっていながら、それでも相手を思う気持ちは捨てられず、相手からの愛を一度でも受けてみたいという葛藤を抱える。幸せに終わるかのように見えた学生たちの青春は、とある出来事により厳しい運命を辿る。

デートを重ねていくうちに積もっていく二人が共有した時間。何気ないやり取りから感じる幸福。自分が愛している人から愛される資格を持ち合わせない苦悩。そばにいて相手を思っていても決して通じ合わない孤独。決して救いや答えがあるわけではないが、青春の日なたと影の側面をスパッと描いていると思う。

スポンサーサイト

僕の英語学習史 ~誕生から英検1級まで~

長い間目標にしてきた英検1級に合格し、継続して取り組んできた英語学習も一つの山を越えたような感覚がある。もちろん、まだバイリンガルには程遠いレベルだし、まだまだ発展途上ではあるが、ここで僕が過去にどのように英語と関わってきたかを振り返ってみたい。海外在住経験無しで英検1級に合格した奴はこんな奴なのか、と参考程度に見てほしい。

誕生
典型的な日本人の家庭に生まれる。ちなみに両親は全く英語を話せない。

小学校卒業まで
英語とは無縁の生活を送る。

中学校
授業で初めて英語に触れる。
1年生の一学期の中間テストで"small"の綴りを"smoll"と書いて×をくらう。
英語の成績は悪くは無かったが、特に得意教科としての意識があったわけではない。
得意だったのは理系教科で、英語はその他の特に得意でない文系教科の中のひとつ。
学校で受けさせられた英検3級に合格する
英語に対して何か特別な勉強をしたことはなく、学校で課される典型的な日本的英語教育をまっとうし、中学校を終える。

高校~大学入学まで
1年生の時は中学校と同じ状況で、悪くは無いが格段良くもない成績。
2年生に進学すると同時にとある事情で突如英語が得意科目に変わる。
英語で安定して好成績を残すようになり、3年生になるころにはセンター試験で9割を取る。
英文法に関しては高校で真面目に取り組んだことがそのまま後の土台になった。
また、2年生以降は単語を覚える時に発音やアクセントも一緒に覚えるようになった。
受験でも英語は得意科目として点数を牽引した(が、仮面浪人をする)。
ただし、まだ典型的な日本的英語教育の範疇にあり、会話はほぼ無理。

大学入学~学部卒業まで
受験英語から無事に離れることができたが、
将来使うことが分かっていたので、大学入学後も真面目に英語の勉強を継続する。
この頃からスピーキングの訓練を意識するようになる。
英語の授業で「國弘流英語の話しかた」を読まされる
この頃よくやっていた勉強法は、授業の教材や英語のpodcastを聞き、ネイティブの真似をしながら音読すること。
大学4年になって研究室に配属され、生まれて初めて英語を授業以外で話すシチュエーションが訪れる。
研究室にいた留学生とよく英語で会話するようになる
外国語で外国人とコミュニケーションを取る楽しさを知る。

大学院修士
研究の傍ら、英語の勉強は継続。
通学の時間は英語のpodcastを聞いた。
このころアメリカのアニメ(South park)や英語に吹きかえられた日本のアニメをよく見た。
研究室の留学生や、短期インターンシップの留学生と積極的に話す。

大学院博士
博士1年次にそろそろいけるか?と英検1級を受験するも、筆記試験で語彙問題の前に撃沈する。
それから語彙にも意識して勉強を継続する。
博士3年次夏の英検1級試験で筆記試験に合格点+1点で合格する
しかし、2次試験の面接は合格点-3点で落ちる
同時期にTOEICで905点を取る。
次の試験で決めてしまいたかったので、秋頃から先生を雇ってスピーチと会話を見てもらう。
11月の試験で見事英検1級2次試験に合格する




こんな感じだ。中学校で英語をやり始めてから10年以上やってるので、すごく長く感じる。ヨーロッパの英語が得意な国とかはもっと短い期間で僕が今いる地点に到達するだろうし、日本人で海外在住経験の無い人でも、早い人は大学入学して間もなく英検1級を取ったりするので、随分時間が掛かったなという気がする。こうやってさらっと書くと、折々にどれくらい注力して勉強していたかというのが分かりづらいが、大学入学後は頭の中に常に「英語は必要」と意識があったので、暇を見つけては英語に触れていたかもしれない。

もう少し具体的なことも今後記事にしていきたい。

英検1級合格したぜ

結果が判明してから少し時間が経ってしまったが、ブログでも報告したい。

春に1次試験を通過したものの2次試験の面接で合格点に3点足りなかった。
今回は1次試験免除で2次試験対策に集中でき、結果雪辱を果たすことができた。




78点は前回から21点アップ。劇的改善。

以下は点数の内訳。




前回の点数内訳と比べると、特にスピーチの点が大幅にアップしている。これは真面目に対策した結果だと思う。スピーチをバッチリ決められたので、その他の項目もそれにつられて上昇したのではないかと思っている。

ひとまず3月に設定した目標を無事達成することができ、安堵している。そして偉そうに英語の勉強法などの記事を投稿してきたことをとりあえず明確な資格で裏打ちすることができてほっとしている(順番が逆かもしれないが)。

英検の件があったので、英語カテゴリーの投稿をしばらく休止していたが、これからまた時間があるときに再開しようと思う。今回2次試験対策で行ったことなども書いていきたい。

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。