東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[英語] 話すための第一歩

典型的な日本人で、典型的な日本における英語教育を受けてきた人は、概して英語での会話が苦手な傾向がある。

それは日本語と英語で、言語としての構造や語源が月とスッポンほど違うということもあるが、大きな原因としては学校での教育に会話の訓練が欠けているためではないかと思っている。会話の訓練はアウトプットとして本人が自発的に英語を発することを要求されるから、中学高校のような集団教育では一人一人を丁寧にみることができないためだろう。

構造も単語も全く異なる英語を日本人が話せるようになるためには、そのための訓練が必要だ。

具体的にどのような訓練が必要か?

訓練としてやることは原理としては簡単で、
「ゼロから何も見ずに英語のフレーズを発する」
ことをやればいい。

そして、多くの日本人は、まず言語の一番初歩的なレベルから訓練するべきだと思う。

千里の道も一歩から。

一番簡単な文が話せなくて、複雑な文が話せるようになるわけがない。



例えば下記のような意味のフレーズをあなたは英語で言えますか?

・あの大きな家はあなたのですか?

・あなたの子供たちはいつ宿題をしますか?

・その時彼らは先生の言うことを聞いていなかった。

・彼女は、弟はテレビを見ているのだと言った。

・彼女は、歴史を勉強している大学生ですか?


これらのフレーズは語彙や文の構造としては中学校レベルだ。スラスラ英語に変換できただろうか?この程度のフレーズは最も基礎的なものなので、これらのものがスラスラ変換できないなら、まず変換できるように訓練しなくてはならない。
その訓練用にお薦めするのがこの本。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

僕が大学に入って会話の対策を始めた時、まずこの本を買って勉強した。実は上の例文もこの本からランダムに取ってきたものだ。

やることとしては、文のパターンごとに少しずつ使用する単語が異なる似たような分がセクションごとに羅列されているので、その日本文を見て瞬時に英語に変換できるようにすること。それだけだ。
一回やっただけだと必ず忘れるので、それを何周も行ってしっかりと身に付ける。
この本のレベルとしては中学1年から3年レベルの文しか載ってないが、実は中学三年レベルの文法がマスターできていれば、大抵のフレーズはその応用で組み立てることができるので、この本をマスターすれば大分会話の世界が広がると思われる。

スポンサーサイト

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。