東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾウを観る時に考えること




ゾウは鼻を器用に使って食べ物を口に運ぶ。

僕たちは物心付いた時からゾウという動物を知っている。それが巨大で鼻の長い動物であり、アフリカの大地を闊歩していることを知っている。子供の頃、親に連れられて訪れた動物園でその姿を目の当たりにし、「大きいねー」とか「お鼻が長いねー」とか言いながらはしゃいだ人も多いだろう。そして初めて見た時からゾウは鼻を使って餌を口に運ぶので、多くの人はそれはそういうものなんだろうと心の中でその事実を了承していると思う。

僕もかつては動物園でゾウを見ても特段驚かなくなっていた人の一人だった。

しかし、大学生の時に生命科学の研究者になると決意し、生命科学や進化生物学の講義を受けながら生物についての知識を深めていた時、当たり前に思っていたゾウから生命の神秘を再発見する瞬間があった。

"再発見"という言葉を用いたのは、小学生くらいの時に昆虫を集めたりして自然の中で遊ぶことに傾倒していた時期があり、その頃から生物が好きだったからだ。生命科学の研究者で、かつて昆虫マニアだったという人は多いのではないだろうか。

ただし、そうやって幼少期の自然との触れ合いの中で人々が感じる生命の神秘は、しばしば"多様性"の文脈で語られる。なぜなら多様性は生物の外見だけとっても明らかな概念であり、多種多様な生物が多種多様にこの地球上に暮らしていることに神秘を感じるのだろう。僕もそうだった。

僕が大学で生命科学を学んでいく中でその神秘を再発見した理由は、多様性よりむしろ生物間の"保存"にあった。

例えば解剖の実習。カエルとラットを解剖する機会があった。両生類と哺乳類という違いがありながら、両者には多くの共通点がある。脳・心臓・肺・消化管があり、それらが似たような場所に似たような形で配置されている。腿の筋肉の付き方とかそっくりだ。このことはカエルとラットは基本的に同じシステムで生命を保持していることを意味している。呼吸によって空気を肺に取り入れ、血液に酸素を補給する。血液は心臓によって全身に送り出され、全身の細胞に栄養と酸素を届ける。口から取り入れた食料は胃や小腸で消化され、小腸壁から養分として血液に吸収される。脳は五感から入ってくる情報を処理し、運動神経を介して筋肉を収縮させて行動を起こす。これらの生命を保持するシステムはカエル・ラットに限らず多くの動物種で保存されている。

セントラルドグマと呼ばれる、DNAに書き込まれた遺伝情報から細胞の機能に必要なタンパクを合成するシステムに至っては、動物間ではもとより植物、さらには細菌を含めたすべての生物で保存されている。このことは、地球上のすべての生物がたった一つの祖先からとてつもない時間をかけて現在見られる多種多様な生物に進化してきたということを意味すると考えられている。

今あなたの腸の中でうごめいている何兆個もの大腸菌。その大腸菌とあなたは、何十億年も遡れば、元は同じ生物を先祖としている可能性が高い。

ヒトと大腸菌の先祖が分離したのはたぶん生物史においてもかなりの初期段階だろうが、ヒトとゾウはそれに比べたら超近縁だ。少なくとも同じ哺乳類に分類されているので、生命を保持するシステムはカエルとラットが似通っている以上にヒトとゾウでは保存されている。内臓・筋肉の構造や骨の数までほとんど同じだ。




しかしながら、少し遡ると我々と同じ先祖にたどり着くにも関わらず、ゾウはその巨大な体もさることながら、あの長い鼻をどういうわけか獲得したのだ。長いだけじゃない。今あなたの顔の鼻を鏡で見てみてほしい。顔についてるただの突起も同然で、あなたはその鼻を動かすことはできない。ましてやその鼻を使ってものを掴むことなんて到底できない。できるわけがない。しかしながら、どういうわけかゾウの鼻には発達した筋肉が張り巡らされ、ぶっとい神経が通り、彼らの意の赴くままに動かすことができる。彼らは四肢を体を支えるのに既に使っているにも関わらず、その鼻を五つ目の肢のように駆使し、低い所にある食糧も高い所にある食糧も難なく口に運び、その鼻に水を含んで口に注いだり、水を周囲に振りまいて遊んだりする。さらには訓練されればその鼻に筆を持って絵を描くことだってできるのだ。それはもう鼻と呼ぶには忍びない。我々の顔についているただの突起と同じ名称で呼ぶのは失礼に値するのではないか。

このように多様性はその裏にある保存を考慮することでより神秘的でエキサイティングな生物の魅力になる。

いったいこんな進化がどうやって起こったのか、そんなことが可能なのかと思うが、実際はこの進化は段階的に少しずつ起こったことが分かっている。中間の生物は現代に残っていないのでその進化をイメージすることは難しいが、化石で中間の生物は見つかっている。上野動物園にはその鼻の進化について解説のパネルがある。





動物園や水族館には今でもふらりと一人で立ち寄る。一人で行けば上記のような調子で心行くまで観察していられるから。この生命の神秘は、僕を研究に向かわせる一つの原動力でもある。

スポンサーサイト

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。