東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニューアルした国立科学博物館の地球館

国立科学博物館の地球館一部が2015年の7月にリニューアルした。

ちなみにこのブログで以前紹介した地下2階の生物進化の展示や、3階の大地を駆ける生命の展示は変わっていない。その他の階や企画で展示内容が変わっている。リニューアル後の展示内容はこんな感じだ。



リニューアルされた展示の中で、個人的に最も印象に残っているのは、一階展示室の入り口付近で、大きなスクリーンに映し出されるアニメーションだ。



スクリーンは3枚あって、それぞれ「宇宙」、「生物の進化」、「ヒト文明の発展」をテーマにしたオリジナルのアニメーションが常時流れている。これがとてもよく作られていて、文字や音声による説明無しに、生物進化・ヒト文明の歴史を概観できる。予備知識が無くても生物が好きなら見入ってしまうと思う。ちなみに予備知識があると、「お、これはP-T境界のことだな」とか「脊椎動物キターー」等、アニメーションの細部に気付いてテンションが上がってしまってその場から離れられなくなるので、注意が必要だ。

2階の展示では、実際に手で触って科学技術を体験する、体験型の展示が増えていて、子供がはしゃいでいる様子が見られた。2階の奥では科学技術の発展を追える展示があり、初期の自動車やコンピュータ、さらには人工衛星が展示されていた。「はやぶさ」に関する展示もあった。

地下3階では、ノーベル賞受賞およびそれに匹敵する業績を上げた日本人の科学者を紹介するパネルがあった。






「私は学者として生きている限り、見知らぬ土地の遍歴者であり、荒野の開拓者でありたい」

湯川秀樹

響くなあ。座右の銘にしようかな。

関連投稿
国立科学博物館のすすめ ~日本館編~
国立科学博物館のすすめ ~地球館編~

スポンサーサイト

« 同性愛は生物学的に異常なのか?|Top|[小説] 「ティファニーで朝食を」 カポーティ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/102-e130d5ab

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。