東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説] 「幕が上がる」平田オリザ

幕が上がる (講談社文庫) 平田オリザ(著)

”私たちの創った、この舞台こそが、高校生の現実だ”

とある田舎の高校の弱小演劇部に、かつて学生演劇の女王と呼ばれた新任の顧問が現れる。新顧問の指導によって部員たちは演劇について理解を深め、メキメキと腕を上げていき、いつしか県大会よりも上のブロック大会を目指すようになる。高校生が抱える将来に対する漠然とした不安・苛立ちに演劇を通して向き合い、そして自らが熱中できるものを見つけていく、そんな物語。

やる気はあるのに何故だか成果は出ない。そんな状態から新しい顧問の指導によって世界がパッと開けていく様子がよく描かれている。部長の女の子が終始語り手なのだが、その語り口がすごく淡白で一見すると感情の起伏が薄いような印象も受けるけれど、逆にそれによって物語での出来事がテンポ良く平易に語られてイメージを膨らましやすくする効果があるのかもしれない。クライマックスに向けた部の緊張感は手に取るように伝わってくるし、そんな中に挟まれる高校生の他愛もない会話が青春を感じさせる。平田オリザはこの小説が処女作らしいが、ベテラン劇作家ならではというか、ベテラン劇作家だから書ける話なのだろう。

スポンサーサイト

« 生きてる|Top|同性愛は生物学的に異常なのか? »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/104-df942afb

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。