東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[気になるニュース] ブタにヒトの臓器を作らせる?

ブタの膵臓再生に成功…東大・明治大など

遺伝子操作で膵臓をできなくしたブタの胚に、正常なブタの胚の細胞を注入し、膵臓を持ったブタを誕生させることに成功したと、東京大、明治大などの研究グループが発表した。

将来は人間の臓器再生を目指す研究だという。米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

明治大の長嶋比呂志教授らによると、まず遺伝子操作で膵臓を持たないブタを作った。その細胞から作った胚に、正常なブタの胚の細胞を注入。これを他のブタの体内に移して育てたところ、膵臓を持つブタが生まれた。膵臓は正常なブタの細胞でできており、発育や血糖値も正常なことが確かめられたという。

研究を総括する中内啓光・東京大教授は「人間の臓器を大型動物で再生する目標が見えてきた」と話した。

ただし、国の指針は、倫理上の問題などで、人の細胞を注入した受精卵などを動物の胎内に移植・着床させることを禁じている。中内教授らは「国に指針の見直しを働きかけており、それが無理なら国外での研究も検討したい」と話した。

(2013年2月19日 読売新聞)






iPS細胞を使った再生医療に一歩ずつ近づいているなと思う。
次はいよいよブタにヒトの臓器(たぶん最初は膵臓)を作らせる研究だ。
ただ記事にもある通り、ヒトの細胞を使うとなると色々と問題が生じてくる。
どんな問題が生じるのかというのをちょっと解説したい。

1.倫理的な問題
この研究では、膵臓を作れないブタの胚に、
正常なブタから取った胚細胞を注入している。
結果生まれたブタは2種類のブタのキメラになる。

胚は発生のステップにおいて前後軸・左右軸を決め、
段々と非対称な細胞分化をして個体の体を作っていく。

この研究においても、正常なブタの胚細胞を注入する時には、
胚の中の場所によってある程度の細胞運命が既に決まっていると予想される。

要するに、「この辺にいる細胞は大体○○と●●の臓器に分化する、この辺の細胞は△△の臓器・・・」
と各臓器に分化する細胞の場所がある程度決まっていると考えられる。
なので、「正常な胚細胞」を「膵臓が作れない胚」に注入するときに、
後に膵臓になる細胞の周辺に正常な細胞が取りこまれないと、
膵臓は作られない。

逆に言うと、注入した胚細胞がどの臓器に分化するかは、
この方法だと正確に制御できない。

とすると、もしヒトのiPS細胞を「膵臓が作れないブタの胚」に注入したとして、
それが膵臓ではなくて脳を形成する領域に取り込まれてしまったらどうなるだろう。
ヒトの脳を持ったブタが生まれてしまうかもしれない。

これは倫理的に大問題で、そんなものを作ってしまったら一発アウトだ。

ニュースの文で、中内教授は「国に指針の見直しを働きかけており、それが無理なら国外での研究も検討したい」と国に発破をかけているが、
倫理的な問題の発生しないような研究のルールを作るためには、
まずはそのための技術を確立することが先決だろう。

例えば、注入する細胞に「膵臓以外に分化できないような処理」を施すとか、
もっと発生後期の、細胞運命を十分に制御できるような時期に細胞を注入するとか、
そういった技術だ。

もしかしたら、もうすでにそういう技術があるから、
中内教授は国に指針見直しの発破をかけているのかもしれない。
僕はiPSの専門家ではないので、その辺の細かい知識を持ち合わせていないのはご容赦願いたい。



2.免疫学的な問題
この研究はブタ同士の細胞移植だが、
ヒトの細胞をブタに移植するとなると新たな免疫学的な問題が出てくる。

ブタもヒトも同じ哺乳類なので、免疫システムはほぼ同じ。
当然ブタにヒトの臓器を移植したら拒絶反応が起こる。

つまり、たとえ「ヒトの膵臓を作るブタ」を作ったとしても、
ブタが成長して膵臓が移植可能な大きさになる前に、
拒絶反応を受けて膵臓が正常に発生しない可能性がある。
そうなるとブタが正常に生まれて育つかも疑問だ。

ただし、成体同士の移植で起こる拒絶反応と違い、
胚の時点から異種細胞が共存する場合にどのような免疫学的な問題が起こるかというのは、
現在の知識では正確に予想できない。前例が無いから。
免疫システムには、異物を排除するシステムと同時に、
無害な非自己(例えば腸内細菌)にたいして攻撃を起こさないように積極的に免疫反応を抑制する、
「免疫寛容」というシステムも持っている。
なので、これに関してはやってみないと分からないという側面もある。
もしかしたら免疫抑制剤などでコントロールできるかもしれない。

また、仮に拒絶の問題をクリアしたとしよう、
しかし、たとえヒト細胞由来の膵臓でも、
それがブタの中で作られると、
その中に浸潤している血球細胞や、
血管内皮細胞がブタ由来の細胞になっている可能性があるので、
それをヒトに移植するときにまた拒絶の問題が出てくる。







iPS細胞を使った再生医療にはこのようにまだ課題が山積みだ。
けれども、一歩一歩近づいている実感はあるし、
このままひとつひとつ問題をクリアしていけば確実に新しい医療への道が拓ける。
再生医療は今そんな夢に満ち溢れた領域です。

スポンサーサイト

« [英語] 高校の時のどうでもいい昔話|Top|僕はお酒が飲めない »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/18-ebef97a8

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。