東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学振とは何なのか

「学振」とは「日本学術振興会」の略であり、
このブログにおいては特に「日本学術振興会が募集する特別研究員」のことを指して使う。

詳細は省くが、要するに博士課程の学生、またはポスドクを国の機関が雇って給与を払い、研究を推進させる制度である。
博士課程においては実質的に学生を援助する制度であると言っても過言ではない。

「研究者」になるためには、ほとんどの場合において博士課程を修了して博士号を取ることが必要である。
そうやって長い学生の期間を経た博士が国の科学を発展させていくのだが、
学生というのは学費を払って学ぶ立場であって、基本的に給料はない。
学部や修士で就職した同期が出世して家庭を持ち始める中、
博士は30歳近くまで無給で研究を続けなくてはならない。
これは国の科学を担っていく者の処遇としてあんまりだ。
学振が始まった経緯はたぶんそんな所だろうと思う。たぶん。

学振に採用されると、博士学生の場合月20万の給料がもらえる。
奨学金と違って返済する必要はない。
しかも学振に採用されたという事実はその後のステータスになったりする。
学振に採用されないと、奨学金や仕送りでやりくりしなくてはならない。
無論ステータスもない。
これはまさに天と地の差ではないか。
そういったわけで、博士に進もうとする学生は、学振が喉から手が出るほど欲しい。

最近始まった学振と似たような制度として、
博士課程教育リーディングプログラム」というのもある。
こちらは大学や研究科が限られるが、
学振とほぼ同程度の援助が受けられるプログラムもある。
希望する大学や研究科でプログラムが走っているか確認してみてほしい。


学振の最終的な採用率は、年によって違うが大体20%から30%の間である。
申請者は6名の審査員によって

1.研究業績
2.申請書類から推量される研究者としての能力,将来性
3.研究計画

上記の3つの項目を5点満点で評価される。
合計点が高い順に上位約20%くらいが面接免除で採用され、
20%から30%の間の人が面接候補として面接を受ける。
数字は年によって微妙に変わる。2012年は上記のような感じだった。

採用するのは国の機関だし、さぞかし公平な審査と採用が行われるのだろうと思う人もいるかもしれない。
しかし、僕がこれまで見てきた学振に採用された人・されなかった人を考えると、
絶対に学振採用≠研究能力だと思う。
これはおそらく審査員不足に起因するのが大きいと考えている。
一人の申請者に掛けられる時間が少なく、正当な評価がされていないんじゃないかと思う。
現状でもし自分が審査員になって同じ状況に置かれたらと考えると審査員に同情もできるが、
これは日本学術振興会が改善すべき点だと思う。

要するに、「通りやすい申請書」が書ければ良く、それは必ずしも研究能力とは関係ない。
では「通りやすい申請書」とは何なのかということについて、次回以降触れたい。

東京BLOG学振関連記事のまとめ

スポンサーサイト

« 学振の申請書を書き始める前に知っておくべきこと|Top|このブログについて »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/2-5035a1be

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。