東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[英語] 発音の重要性

国際学会で発表を聴いていると、色々な英語を耳にする。
日本語にも地方や個人の個性で色々なしゃべり方があるのと一緒だ。

日本人の先生が英語で講演しているのもよく聴くのだが、
全く違和感の無い英語を話す人もいれば、
かなり癖があって聞き取り辛い先生もいる。

後者のような先生でも一応話している内容は理解できることが多い。
たぶん長年の経験で伝わる英語の要点を心得ているのだろう。

日本人の先生ではなくて大学院生とかだと、拙い英語をしゃべる割合がかなり多くなる。
それでも日本人の僕がそれを聴く場合は何となく理解できることもあるのだが、
一度とある非英語圏の大学院生が発表していて、
内容が100%理解できなかったことがある。
たぶんあの時の空気から察するに、
会場にいたネイティブスピーカーも理解してなかったと思う。

その人が話す英語は、何となく英語らしきものを話しているということは分かるのだが、
発音は何だが母国語の発音と混じっているのかめちゃくちゃだし、
アクセントやイントネーションもハチャメチャだった。

言語にはルールがある。
例えば発声に関するルールなら「発音」「アクセント」「イントネーション」
とそれぞれルールの階層があるし、
語順にかんしても「文法」というルールがある。

実はこれらのルールを完璧に順守しなくても通じるには通じる。
例えばアクセントやイントネーションが公式のルールに近かったら、
発音が日本人なまりでも文法が多少乱れていても、
意思疎通はできてしまう。

しかし、正確に伝えることを考えたら、絶対に発音は正しい方が良い

英語を聴くときには、それぞれが知っている英語のルールにのっとって、
耳から入ってくる音声を解釈する。
だから多少発音が変でもアクセントやイントネーション、文法の手がかりを使って、
意味を解釈できる。
けれども、それは発音という正しく解釈するための手がかりを一つ犠牲にしている。
正しいルールの発音で話したほうが手がかりが多く、
正確に理解できるに決まっている。

そして、日本人が発音のルールを学ぶ際にまず大事なのは、
日本語の発音と英語の発音は全く別物だということを理解することだ。
この点が日本の英語の義務教育に欠けている点だと思う。
今現在のカリキュラムは分からないが、少なくとも僕が学んだ時はそうだった。
発音の練習はほどほどにほとんど文法の勉強だったように思う。

例えば
see と she。 bought と vote

日本語にするとどちらも「シー」「ボウト」になってしまうが、
ネイティブスピーカーにとっては二つの単語は全く違う発音の単語で、
明確に区別できる。

個人的にはこういうルールは最初に学んだ方が良いと思う。
間違ったまま勉強を進めると変な癖がついてしまうから。

だから「使える英語」を勉強したいという方は、
まず英語の発音のルールを頭にしっかり叩き入れることから始めるのをお勧めする。
市販の教材を使ってもいいが、
Webでこんなサイトもある。

英語発音入門

このサイトで要点は網羅していると思う。

スポンサーサイト

« 集団主義の功罪|Top|春です »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/25-badd8023

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。