東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[気になるニュース] 中立なメディアなど無い

橋本徹大阪市長の慰安婦発言問題について目に入った記事

【慰安婦発言】 橋下氏「朝日、毎日は最低。『当時』って言葉も全部外して。それやるんだったら囲み止めます」 朝日「いやちょっと…」

要約すると

市長「朝日や毎日などのメディアの報道の仕方が悪いから誤解を招いた」

朝日記者「市長なんだから正確な意図が伝わるように
      発する言葉の一字一句に気を使うべき」

市長「囲み取材でそんなことを行うのは不可能だから、
   あなたがそういうなら囲み止めます」



いい加減今回の件のような言葉尻を掴んで意図を曲解して、
問題を呼び起こすようなメディアの手法にはうんざりする。

メディアにそういう余地を与えた市長も軽率だったし、
それをセンセーショナルな見出しで報道した朝日・毎日には辟易するし、
その報道を新聞社の思いのままに受け取って市長を批判する一部の民衆や諸外国にもがっかりする。


中立なメディアなんていうのは存在しない。
・どういう事実を報道するか
・その事実の中で何を情報として伝えるか
・伝えるためにどのような言葉を使うか
これらのステップすべてにメディアの恣意的な選択の余地がある。
だから、同じ事実についての報道でも、右から見たのと左から見たので、
全く異なる記事が出来上がる。

各新聞社はそれぞれ政治的な意思を持って報道する偏った集団だ。

ただし、これは言論の自由が保障されてる社会で当然のことで、
右の思想集団があれば左の思想集団もあるのが健全な社会の証拠だと思う。

上記リンク中で、朝日新聞をゴミだと批判するコメントが多くあるが、
朝日新聞の報道がゴミだと思うなら朝日新聞に期待しなければ良いだけのこと。
民間の新聞社に「中立でなければならない」と要求するのは間違っている。
新聞社のそういう偏った姿勢が民衆の支持を得られなければ、
新聞社は読者を失って会社が潰れるだけだし、
一定の支持層がいるから朝日新聞はまだ存続している。
それに、反政府的な記事が市民に良い影響を及ぼした例も少なからずある。

それが民主主義社会というものだ。
新聞社というのは中立ではなく偏った集団なのだ。

情報の受け手には、新聞の記事は特定の思想を持つ集団によって作られた、
偏ったものだという認識でそれを読むことが要求される。

問題は、日本の民衆に情報に対して批判的に接する姿勢(critical thinking)
が育っていないことだ。日本だけの問題ではないだろうが。

麻生総理が「漢字が正確に読めない」というよく分からない理由でバッシングされた時も、
「2大政党が政権を奪い合うのが健全だ」とかいう
中身を無視した上辺だけの言葉に乗せられて民主党に政権を与えた時も、
民衆がメディアに扇動されてそのまま社会を変えてしまった。

新聞社が特定の政治思想を持った偏った集団だというのは、
社会に出て各方面の情報に気を配っている人なら自然と気づくことなのだが、
おそらくそれに気づかずに一生を終える国民も数多くいるだろう。

僕は、中学校や高校でLogical thinkingやCritical thinkingを教えるべきだと思う。
そうすることが、将来的により健全な社会を築く礎になると思う。

しかし、現状の義務教育では、客観的に情報を評価するどころか、
特定の歴史観の植え付けが公的な課程として行われ、
「朝日新聞から入試問題に数多く出題された」という理由で、
高校生に朝日新聞の購読を薦める謎のキャンペーンが行われている。

終戦後から続くこれらの教育の在り方について、
そろそろ議論してもいいんじゃないかと思う。

スポンサーサイト

« 東京の風景|Top|[英語] どうでもいい昔話、その2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/34-9933e66f

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。