東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命科学系の院試勉強

そろそろ6月も終わりで、2013年も半年が過ぎようとしている。






早すぎ






大学院の願書受付やらがそろそろ始まって、ラボの学部生がじきに院試休みに入る人も多いんじゃないかと思う。

自分が院試を受けた時を思い返すと、院試休みというのはまとまった勉強ができる良い期間だったように思う。僕の場合は院試の1か月半前から院試のための休みがもらえた。僕は家で勉強する派なので、部屋に引きこもって必死に勉強したのを思い出す。

生命科学系の大学院入試を受ける大学生へ、お勧めの本は何かと聞かれたら迷わず「Molecular Biology of The Cell」と答える。

Molecular Biology of the Cell 5EMolecular Biology of the Cell 5E
(2008/01/02)
Bruce Alberts、Alexander Johnson 他

商品詳細を見る


The Cellは言わずと知れた生命科学の一番有名な教科書だ。一番有名なだけあって、その内容も素晴らしい。簡潔過ぎず、なおかつ細かい情報が多すぎず、明晰な文で章ごとに内容がよくまとめられている。さらには、生命が辿ってきた歴史を踏まえてその進化の本質的な部分を説明している点が素晴らしい。要するにこれを読めば生命が何たるかが分かったつもりになる。

僕は院試前にはThe Cellを読んだことが無かったのだけど、院試休みを機に一気に読んでその素晴らしさを知った。そして院試にも受かった。The Cellは素晴らしい。無人島に一冊だけ携帯を許されるならThe Cellを選ぶかもしれない。

ちなみに、僕はこの時The Cellは原著、つまり英語で読んだ。

こう言うと驚く人が同業者でもたまにいる。「英語だと読むの大変じゃない?」と。確かに日本語で読むよりかは大変かもしれない。

しかし、そういう人は生命科学の研究をしていて論文を読むときにも「英語だと読むの大変じゃない?」と言うのだろうか。生命科学に限らず科学全般で論文は英語で書かれているのは誰もが知っている常識だ。研究するのに論文を読むという行為は必要不可欠である。なぜなら、論文を読まなくてはそもそも先行文献があるかどうかすらわからないし、先行文献の追試もできないし、方法や試薬も分からないし、と理由を挙げればきりがない。さらには、研究というのはそれだけではあまり意味が無く、論文として世に発表してこそ意味がある。論文を読まない人が論文を書けるのかというと、書けないと思う。

研究をするのに論文を読むことは不可欠だ。論文は英語で書かれている。ということは研究者を目指すなら英語を読むことは必要不可欠ではないか。むしろ、呼吸をするように論文を読む能力が求められていると感じる。英語が苦手な人でも研究者になりたいなら苦手を克服することが必要だろう。

したがって、僕が院試勉強にThe Cellを読もうとしたときに、日本語でなく英語版を取ったのは、僕にとっては至って当然のことだった。確かに大変かも知れない。読むスピードも日本語で読むより遅くなるかもしれない。しかしそれらを理由に日本語版を選択することは、問題を先送りしていることに他ならないと思う。研究するのに英語は絶対必要なのだ。読むのが大変だったり遅かったりするなら、それを克服することが求められているのだ。それに、院試で生物とは別で課される英語の科目そのものの勉強にもなる。


じゃあいつやるか





今でしょ!


という思考回路で院試勉強に英語版The Cellを選択したのだが、それがやはり誰にでも有効な方法ではないということは分かる。というのは、僕は一応コツコツと英語を勉強してきたので普通の人よりかは英語へのハードルが低かったと思われるから。それに文法は高校の時に真面目に勉強したので、辞書さえあれば内容を正確に捉えられる自信があった。せっかく素晴らしい教科書を読むのに、内容を間違って理解していては勉強の意味が無い。だから、英文法に自信の無い人は少なくとも院試勉強として上記の勉強を実践すべきではないと思う。

結論を言うと、




英語は真面目にコツコツやるべき。



文法があやふやな人は中学高校レベルからやり直すべき


スポンサーサイト

« [英語] YouTubeを使った英語学習|Top|[気になるニュース] 森口氏、再び [iPS捏造騒動] »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/38-5135a3e3

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。