東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[英語] YouTubeを使った英語学習

中学・高校と英語を勉強しているのに、日本人が何故英語を話せるようにならないか。

色々な原因があるのだろうけど、一つには日常で英語を話す必要性が無いからだろう。

日本で普通の生活をする分には英語が話せる必要性が全くない。英語を使うシチュエーションがほとんどない。観光地で外国人に道を聞かれるくらいのことはあるかもしれないが、それだけだ。「道を聴かれたときに答えられる」というのが英語勉強のモチベーションになるかというと、ほとんどの人にとってならないだろう。

英語を使う状況が無いというのは、英語学習において別の問題をもたらす。


「授業で習う英語」と「実際の生活で使う英語」の乖離だ


例えばリーディングの授業で用いられる文章は、論説なり小説なりの読み物だ。これは、英語を読む力を付ける分には一向に構わないだろう。しかし、英語を話す力はたぶんつかない。例えばアメリカに行ったときに日常生活で使う英語と、教科書に載ってる読み物の英語は、全然スタイルが違うからだ。

大学受験の時に、この参考書を使った人は結構多いのではないだろうか

速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版
(2010/10)
不明

商品詳細を見る


この速読英単語をCD聞きながら丸暗記すれば、単語も覚えられて、フレーズも覚えられて、リスニングの練習にもなると言われている。たぶんその通りで、受験英語にはもってこいの勉強方法だ。しかし、この本に載ってる文もやはりどこかから取ってきた論説やエッセイで、日常で使われる英語とは乖離がある。

乖離があると何が問題なのか。

それは、


日常のどのタイミングでどの文を使えばいいかが分からないことだ


教科書や、速読英単語のような文章を丸暗記することで、その人の頭の中にたくさん英文のストックができる。しかし、それをいくら貯めてもそれを適切なタイミングで取り出す訓練をしないと、全く使い物にならない。そのためには、それぞれの英文とそれを実際に使えるシチュエーションが結びついていないといけないのだが、繰り返しになるが教科書の文と日常生活で使う英語は全くスタイルが違うのだ。

頭の中にある英文を適切なタイミングで取り出す訓練に一番良いのは留学することだ。実際に英語を話さざるを得ない状況になれば、自然にoutputができるようになるだろう。しかし、留学なんてそう簡単にできるわけじゃない。

そこで僕が勧めるのは、教科書や参考書の堅苦しい英語から離れて、実際に使われている生の英語に触れることだ

たぶんお金をかけないでてっとり早くそれらに触れられるのは、YouTubeだ。

例えば以前も紹介した、TheFineBrosの「~の反応」シリーズ。単純に面白いし、何より日本に関連するテーマなら、興味を持って楽しめるだろう。ここで話される英語は、日常で使われる会話とかなり近い。日常会話をマスターしたいなら、堅苦しい参考書なんかより、こういう動画の英語を丸暗記した方がよっぽど効果的だ。







やり方としては、まず動画を聞き、彼らが何を言っているか聞き取る。それから、動画右下のキャプションをOnにし(埋め込み動画では表示されないのでYouTube本家のページに行く必要がある)、英語字幕を表示させ答え合わせをする。それから彼らの真似をしながら音読してみる。





他には、お金は少しかかるが、アメリカのテレビドラマや映画を英語音声で見ることも効果的だ。個人的には日本語字幕があると聞き取りをおろそかにするので、リスニングの練習をするときは字幕なしで見るようにしている。DVDによっては英語字幕を付けれる場合もある。話されている言葉と字幕は必ずしも一致しないことも多いが、どういう単語を使っているかというヒントを字幕から得られればそれだけでリスニングの助けになるだろう。


それから、アメリカで作られたコンテンツだけでなく、日本のアニメが英語吹き替えされたものもいい教材になる。この場合、自分の好きなアニメを使えばあらかじめストーリーが分かっているので、どのようなシチュエーションでどのような英文が使われるか勉強するのに素晴らしい教材になるだろう。

参考までに、YouTubeに上げられたそれらの断片。







では、どうやったらアニメの英語吹き替えを見れるのかという問題だ。たまに、日本で売られているDVDにすでに英語吹き替え音声が入っている場合がある。例えばジブリの「ハウルの動く城」はすでに英語音声が入っている。

しかし、大抵の作品は英語吹き替えの音声は入っていない。そういう作品はどうするか。実は海外のアニメファンが違法にアップロードしたものを探して見るという方法もあるのだが、それは健全じゃない。それから、DVDにはリージョンコードと言うものがあり、アメリカで売られているDVDを日本で売られている機械で再生することはできないようになっている。

しかし、Blu-rayなら、日本とアメリカのリージョンコードが一緒なので、輸入盤を日本の機械で再生できる!
たぶん輸入できない製品もあるだろうが、自分の好きな作品が輸入できるか調べてみたら良いと思う。
参考になりそうなサイト
アメリカのアマゾンで買い物する方法

スポンサーサイト

« 福島の現在の写真を見て|Top|生命科学系の院試勉強 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/39-783bbebc

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。