東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風立ちぬ」を見た感想その2・ネタバレあり

前回の投稿の続き、風立ちぬの感想等を書こうかと思う。例のごとくネタバレがありますので、まだ見てない人は気を付けてください。































前回の投稿では主に僕から見た映画の解釈を書いたが、僕が映画に対してどう思ったかはあまり書かなかった。

見終わった直後は、「お、これで終わるのか」と何となく物足りない感じだったけれど、終わって内容を思い返してみると色々と疑問点が湧いてくる。

最大の疑問点は「風立ちぬ、いざ生きめやも」という一節がどういう意味で使われているのかということだ。元はフランス語の詩で、このブログ記事によると、風が立ったのを機に生きようと試みなければならないという意味らしい。「生きねば」という言葉がサブタイトルのように使われてもいる。言葉の通り受け取ると、「長生きしなくてはならない」なんて意味にも成りかねないが、監督が伝えたかったのはそうではないだろう。

「風が立つ」という言葉も劇中で繰り返し使われるキーワードだ。二郎が菜穂子と出会った時も風によって二郎の帽子が飛ばされたのがきっかけだし、本庄が作った新型の飛行機に対して次郎が「風が立っている」と言うシーンもある。

夢の中での二郎とカプローニとのやり取りは、物語を読み解くための大事なシーンであると考えられるが、序盤の夢の中でカプローニは「創造的人生の持ち時間は10年だ」と言い、終盤では「君の10年はどうだったかね?」と問う。そして物語中盤の夢の中では、二郎に対して「まだ風は立っているかね?」と問いかける。これらのことを考えると、「風が立つ」=「創造的人生の期間にまさにいる」という風に解釈することができるのではないだろうか。

そうすると「風が立つ、いざ生きめやも」という一節は、「創造的人生の期間に、自分の夢のために死力を尽くして生きる」という意味で使われているのではないかと予想することができる。

物語を見ていて思ったのは、二郎や菜穂子に「執着心」のようなものが全く感じられないということだ。例えば菜穂子は、一度は病気を治そうと山奥の療養所に入ることを決意するが、療養所から抜け出してきた時には完全に完治することをあきらめて二郎に会いに来る。寝ている彼女の傍らで二郎が煙草を吸うシーンはまさに象徴的で、外でたばこを吸おうとする二郎に対して、彼女はそばにいてほしいから「ここで吸って」と言う。菜穂子にとってはもう長くない自分の命よりも二郎が快適に仕事をしてくれる方が大事だったのだ。

同様に二郎も自分の夢に対して、どこか諦観のような物を持っていると感じられる節がある。例えば冒頭の夢の中で、少年の二郎が飛行機を操縦しているシーン。その上空に現れた巨大な飛行機から来る爆弾のような不気味な物体に衝突して二郎の乗っている飛行機が空中分解する。当然操縦士の二郎は地面に向けて落下する。現実世界ならあわてて飛び起きて「なんだ夢か」と安堵する所である。ところが目を覚ました二郎は、うなされていた様子も全く見せず、どこか悟ったような澄ました顔をしている。その様子からは、自分の夢がそのような無残な終わりを迎えることを宿命として受け入れているような感じを受ける。

普通の人なら「生」や「栄光」に関して執着を示すのが当然だ。それらが終わるとなったら、そこには必ずドロドロした執着心が生じるはずなのだが、この映画の中にはそれが全くない。二郎も菜穂子も清々しいほど潔い。これもおそらく、過去の栄光にはすがらずに潔く身を引くという宮崎駿の美学なのだと思う。

しかし、そうやって考えると解釈に困るのがラストシーンだ。最後の夢の中で、菜穂子が二郎に対して「あなた、生きて」と言う。それを聞いた二郎は感極まった様子で「うん、うん」と上ずった声で言う。これはどういうことだろう?その直前にカプローニは「君の10年はどうだったかね?」と言っているので、この時の二郎はすでに創造的人生の期間が終わった、すなわち「風が止んだ」状態ではないのだろうか。すでに死んでいるはずの菜穂子が風が止んだ二郎に対してそんなことを言ったら、それこそ「あなた、長生きして」という意味になってしまう。

上記のような「風立ちぬ、いざ生きめやも」の解釈の仕方が間違っているのか、それとも最後の菜穂子の「生きて」には別の意味が隠されているのか。僕はとりあえず最後の「生きて」は映画全体を踏まえた視聴者に対する宮崎駿からのメッセージではないかと思うようにしている。




見終わった直後は少し困惑したが、このように色々考えると実に味わい深い映画だと思う。リピーターが多いというのもうなずける。

スポンサーサイト

« 今秋の展覧会@東京|Top|「風立ちぬ」を見た感想・ネタバレあり »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/43-9727457b

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。