東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寡黙なことと更新頻度

「あまり喋らないよね」とよく言われる。

確かに、自分のことを話すよりも、聞き役に回る方が多い。
その方が性に合っていると感じる。
人の話を聞いているのは好きだ。

別に何も考えてない訳ではないのだけど、
(今言うべきことでもないかな)
と頭の中のことをそんなに表には出さない。

もしかしてこれって、損してるんじゃないかと思うことがある。

言葉を発することで、多かれ少なかれそれを聞く人にインパクトを与える。
言葉を発しなかったら、インパクトはゼロだ。

あの時言葉を発していたら、もしかしたらそこからもっと面白い議論が生じたかもしれない。


学会で質問していると、演者や参加者が「質問していましたよね?」と話しかけて来るのはよくあることだし、自分が質問者に話かけに行くこともある。


ブログの記事に関しても、これまで「これは書きたい」と思ったことしか記事にしてこなかった。
そしたら、忙しさにかまけて更新頻度がどんどん落ちてしまった。

こんな更新頻度でも、毎日一定の数訪れてくださる方はいるし、
これからはもうちょっと記事を書くハードルを下げてみようかなと思っている。

思ったところで、3日坊主で終わる可能性もある。

とりあえず、試みは初めてみようと思う。乞うご期待。


スポンサーサイト

« 自己表現の場としての研究|Top|研究室を選ぶ5つのポイント(学部生向け) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/46-9f32824a

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。