東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートなフォンのスマートな使い方

Teens react to smartphones
日常がスマートフォンにいかに毒されているかを表現した動画を見たアメリカの高校生の反応




スマートフォンによってより簡単にハイクオリティな写真や動画が撮れるようになり、しかもそれらをSNSやYouTubeを使って簡単にシェアできるようになった。しかし、それによって人々は人と直に接しているときでもスマートフォンを覗き、目の前で対面している人々とのコミュニケーションをないがしろにしている。ある人は恋人にプロポーズしている時でさえスマートフォンを片手に動画を撮り、ある人はコンサートで目の前で演奏が行われているのに動画撮影に夢中になっている。

例えば、皆で会話している時に、ある人が携帯を見るのに夢中になっていて寂しい思いをするのは誰しも経験があることだろう。自分が携帯をいじる側の時だってあるだろう。しかし、携帯をいじっている側だって、その人なりの優先度があって携帯で行われるコミュニケーションを優先している。対面の人と会話するよりも大事な仕事を携帯で片付けているかもしれないのだ。コミュニケーションが携帯を通して場所を問わずに行われるようになった。コミュニケーションの手段の変遷というのを改めてこの動画で実感したような気がする。

一方でコミュニケーションの中身は今も昔も大して変わっていないんじゃないかとも思う。なぜなら、100年前に書かれた小説でのコミュニケーションを現代の人が読んでもその内容を理解して共感することができるからだ。人々の悩みの種なんてどの時代も大抵は同じで、それは例えば恋だとか不倫だとか借金だとか友人との不仲や親戚との確執だとか殺人だとかで、それは源氏物語の時代から、いやたぶんそのずっと前から変わっていないんじゃないかという気もする。



話は変わるが、僕は未だにガラケーを使っている。なぜかというと、変える理由が思い当たらないから。電池の持ちなど小さいことでガタが来始めてはいるが、別にメールや電話をするのに不便は無いので良いかなと思っている。速度は遅いかもしれないがGPS機能だってあるし。さすがに今の携帯が壊れたら次はスマートフォンかなと思っているが、スマートフォンは月々の代金が7000円近くかかる料金設定をどうにかしてほしいと思う。高すぎ。

スポンサーサイト

« 「自閉症遺伝子 - 見つからない遺伝子をめぐって」 ベルトラン・ジョルダン|Top|[小説] 「半島を出よ」 村上龍 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/49-182c3e9b

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。