東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3の万能細胞:STAP細胞現る 2014年一番の大発見?

今日Natureで理研による2本の論文がオンラインになり、そしてそれに関するプレスリリースが出された。それらは各大手新聞社にも取り上げられ、SNSでも大きな盛り上がりを見せている。非常に重要な発見なのは間違いないので、このブログでも紹介したい。

Natureに発表された、小保方晴子氏らによる2本の論文

Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency

Bidirectional developmental potential in reprogrammed cells with acquired pluripotency

理研によるプレスリリース
体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見
-細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導-


これに対する各新聞社の記事。タイトルの違いが面白い

日経:理研、万能細胞を短期で作製 iPS細胞より簡単に

読売:第3の万能細胞STAP作製…iPSより簡単に

産経:新型「万能細胞」作製…ES、iPSに続く「STAP」 理研、酸の刺激だけで成功

毎日:新万能細胞:作製に成功 簡単でがん化せず 理研など


マウスの細胞をpH5.7(弱酸性)の液に30分程浸し培養すると、数日であらゆる種類の細胞に分化できる万能細胞になる。iPS細胞と異なり、細胞に遺伝子導入をする必要が無いので、細胞が‘がん化’する可能性を大きく下げられる。しかもiPS細胞よりも高効率で作れる。これは今後の再生医療にとって非常に重要な発見だと思う。

ただし、今回の論文はすべてマウスの細胞によるデータらしい。聞くところによると、このプロジェクトに取り組み始めたのは5年前らしい。5年もの歳月があれば、研究グループはたぶんヒトの細胞でも実験を行うと思うのだが、ヒトのデータがまだ含まれていないということは、もしかしたらヒトの細胞ではまだ実験が上手く行ってないのかもしれない。もしくは、ヒトの細胞で実験を行う際に必要となる煩雑な倫理申請の間に、情報が漏えいすることを恐れてヒトの細胞を使った実験は本当にこれからやるのかもしれない。iPS細胞でも、マウスの論文が出てから、ヒトの論文が出るまで1年くらい掛かったと記憶している。今後に期待だ。

たとえマウス細胞で誘導できたようにヒトの細胞で誘導できなくても、今回の発見がとても重要なことに変わりはない。このようなリプログラミングが何故起こるのかというメカニズム解明が進めば、それをきっかけにさらに新しい方法が見つかるかもしれない。



Nature公式のニュース(英語)に、小保方晴子ユニットリーダーのインタビューがあったので、一部抜粋して書き起こしてみたい。
インタビューの元はここで聞けます。

小保方さん- 例えばニンジンのような植物では、強い外界ストレスに晒された時に、完全に分化した細胞から幹細胞を誘導することができます。私は直感的に、私たちも植物のような機構を持っているのではないかと感じました。

記者- ニンジンをスライスすると、幹細胞が生じる。それであなたは哺乳類でもニンジンのような再生能力があるのではないかと考えたのですね。あなたはこのアイデアを思い付いた時に料理をしていたのですか?

小保方さん- いいえ(笑)、私はこのアイデアを思い付いた時は、お風呂に浸かっていました。

ナレーター - インスピレーションはある意味"不都合な"場所で生じるようです。小保方さんは、物理的に環境へ操作を加えることで、幹細胞を作れるのではないかと考えました。彼女は様々なことを試します。

小保方さん- 私は思いつく限りのことを試しました。例えば、ピペットで細胞を吸ってみたり、細胞を飢えさしてみたりしました。

ナレーター - 最終的に成功したのは「酸」でした。低いpHの溶液が細胞をひるませ、それらを幹細胞の状態へ戻したのです。研究チームはこの細胞をSTAP細胞と名付けました。(STAP: stimulus-triggered acquisition of pluripotency)

(中略)

記者- これは並外れて驚くべき実験結果ですが、あなたの達成したことを人々に説得するのは難しかったですか?

小保方さん- そうですね、私はとてもナイーブだったので、何故誰も私を信じてくれないのか理解できませんでした。さらに、どんなデータで人々を説得できるのかも分かりませんでした。それゆえ、私は他の細胞では決して得ることができないデータを集めようとしました。そしたら、最初の実験から5年もの歳月がかかりました。

ナレーター - 研究者がせっかちであることを非難してはいけません。ただの「酸性」条件だけで(万能細胞を誘導するのに)充分だったのです。





5年かけて、一生懸命積み重ねた実験結果を、こうして大々的に世へ出すことができて、さぞかし安心している所だろう。小保方さん、お疲れ様でした。そして、おめでとうございます。

関連投稿
「STAP細胞作製に成功した」とは何を意味するか
STAP細胞を信じない5つの理由
STAP騒動の行く末(時系列まとめあり)
[STAP細胞] 専門家による若山教授へのロングインタビュー(2/27)全訳
STAP論文の疑惑に関するネイチャーの記事(2/17)の全訳
STAP細胞懐疑派の声
STAP細胞に関するNew York Timesの記事について
STAP細胞関連の情報を読み解く: 科学立国とは?

スポンサーサイト

« STAP細胞に関するNew York Timesの記事について|Top|Twitterアカウント開設しました »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/54-b83f06d4

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。