東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイステーションの思い出

最近YouTubeを見ているとたまにプレイステーション4のCMが流れてくる。自分の経験はPS2で止まっているので、流れてくる映像がどれくらい画期的なのかは分からないけれど、たぶんその進歩は著しいんだろうなと思いながら見ている。

プレイステーション・・・その響きが懐かしさを感じさせる。小学生の時はゲームと言えば任天堂だったので、高学年になってプレイステーションが流行りだしたときは「ソニーとか邪道だろwww」と半信半疑だったのを覚えている。それがいつの間にか家のテレビの前に初代プレイステーションが置かれるようになり、気が付けば学校が終わった後にはひたすらそれで遊んでいたように思う。

「ジョン」
という低い声と同時にプレイステーションのロゴが現れて始まるテレビCMも懐かしい。
本当に「ジョン」と言っているかどうかは定かではない。






当時はテスト前以外は勉強なんてそっちのけでゲームをしていた。ケータイもインターネットも本格的な普及前で、友達から遊びの誘いを受ける時は家電に電話がかかってきた時代。中学生にもなると公園でサッカーをする以外には特に外で遊ぶことも無くなり、少年たちは家のテレビの前で孤独にゲームをしていた。

色々なゲームをやった。RPGとシミュレーションが好きだった。今思い返して、どのゲームが一番印象に残っているかと考えると、ファイナルファンタジーだと思う。

初代ではファイナルファンタジー7、8、9とプレイした。どれも思い入れがあるし、やり込んだ記憶がある。その中であえてお気に入りを挙げるとしたら、8を選ぶ。

ドローシステムの件で低評価を受けることが多い8だが、どれが一番好きかなんて理屈で決めるものではない。当時の自分がキャラクターに感情移入して熱中してプレイし、ストーリーを追って一喜一憂した。その体験は当時の自分に強く影響を与えるものだった。だから「Eyes On Me」がなんかの拍子に流れてくると、今でも懐かしさで一杯になる。







9のキャラクター1人1人の内面を深く照らし出していくようなストーリーも印象に残っている。






こうやって自分の経験を思い返してみると、たかがテレビゲームでも結構豊かな体験になっているんじゃないかと思う。テレビゲームをすると頭が悪くなるとか社会性に乏しくなるとか色々なことを言う人がいるけれど、本当にそうだろうか?そういう主張の根拠になるような調査はいい加減なことが多々あるし、多種多様なゲームソフトとそれを取り巻く多種多様な環境があるなかで、少なくともそういう主張を一般化できる根拠は無いと思う。例えば小説を読んだり映画を見たりすることと、ファイナルファンタジーをプレイすることに、青少年が持ちうる体験として明確な優劣があるとは考えられない。

他人の教育方針に口を出すわけではないけれど、今でもテレビゲームに根拠のない偏見を持ってそれらを子供に与えない家庭を見ると、少し可哀そうに思う。ゲーム機があることでできたかもしれない様々な体験と無縁なのか・・・と。

スポンサーサイト

« [STAP細胞] 専門家による若山教授へのロングインタビュー(2/27)全訳|Top|STAP論文の疑惑に関するネイチャーの記事(2/17)の全訳 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/62-11006258

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。