東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワーとスカイツリー

先日とある用事で東京タワーの近くに行くことがあった。

その場に研究室の何人かが同行していたのだけど、
話題が東京タワーとスカイツリーの比較になった。

その場で一番年上だった教授は、
「やっぱり東京タワーの方がスカイツリーより風情があるよな」
と言う。

なるほど言われてみれば、
住宅地で唐突にそびえるスカイツリーよりも、
高層ビルの合間からたまに覗く赤い鉄塔の方がなんだか風情がある気がする。

RIMG2126.jpg 


RIMG1915.jpg 




それに、青春を昭和に生きてきた教授には、
東京タワーの方に色々と思い出や思い入れがあるのだろう。

じゃあ割と新しい世代である自分は、と言うと・・・
特にスカイツリーに思い入れがあるわけではない。
スカイツリーができてすぐの頃は、
「高いねー」とか、歩いていてスカイツリーが見えると「あ、スカイツリーだ!」
と反応した時期もあった。
しかし、後にスカイツリーが都内のどこにいても良く見えることを知った。

例えば、池袋
RIMG0054.jpg 




例えば、荒川
RIMG0677.jpg


毎日のようにその姿を見ていると、有難みが全く無くなった。



しかし、東京人としては新名所を見るだけではなくて実際に登ってみなくてはいけない!
という思いで去年の夏だったか秋だったかにスカイツリーに登った。

写真を見てもらっても分かるが、
スカイツリーが立っている場所は、
東京都内でも高層ビルが連立しているような中心からは少し外れた所だ。
当然山手線の外側だし、スカイツリーから少しでも歩けばそこは閑静な住宅街になる。

オープンしてから何ヶ月か経っていたが、まだ休日に行くと凄まじく混んでいる。
展望デッキに行くチケットを買うのに整理券が必要なのだが、
昼に行くとすでに夕方の整理券だった。

ただそこは観光施設としてよくできていて、
近くに東京ソラマチという様々な飲食店だとかなんやらが入っているビルがあったり、
水族館があったりで、時間を潰す方法はいくらでもあった。
ソラマチも入ってみたい店がたくさんあった。どこも激混みだったが。
水族館はこの時は行けなかったので再度チャレンジしたい。


展望デッキについては、一回登ってみたい気持ちはあったが、
期待は全然していなかった。
東京タワーしかり高層ビルに登り慣れている変な自負があった。

しかし、実際に登ってみると完全に予想を裏切られた。
どこからでも見えるので見慣れてしまって、
見るだけではもう何とも思わなくなってしまったスカイツリー
だが一度その中に入ってみると、そこには全く違った景色が広がっていた。

高い!当たり前だけど、実際に中に入ってみるとすごく高い!
そして延々と続く東京の街が一望できる。
こうして見ると東京という街がいかに巨大な都市なのかということを実感する。 実感した。

展望デッキに行った時に写真も撮ったが、
写真だとあまり感動が伝わらないので、
まだ登ってない人は是非一度登ってみてほしい。
東京すげえって思うから。

なんか東京のステマみたいになってるけど、
僕は単純に東京に思い入れがあるんです。

ちなみに、スカイツリーのこんな写真も持ってたりする。
RIMG1869.jpg 


「なんだ、お前やっぱりスカイツリー好きなんじゃないか」
と思うかもしれないが、別にそんなに好きではない。


スポンサーサイト

« 学振の内定もらいました|Top|国立西洋美術館のすすめ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/7-5e76c810

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。