東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今やりたいこと

GWに入って、すっかり陽気も暖かくなって、通学中に寒さに震えることもなくって、何となく気持ちも明るくなる。その上天気が良かったりすると、研究を放り出してどっかに遊びに行きたくなる。研究室と自宅を行き来する毎日だが、研究以外にもやりたいことはある。特に意味はないが、今やりたいことを列挙してみようと思う。

1.水族館に行きたい
僕は生命科学の研究をしているだけあって、生物が好きだ。研究内容は基礎医学で扱っているのは哺乳類だが、それ以外の生物も好きだ。

海はすごい。地球の表面積の3分の2を占めるその広く深い世界は我々陸上生物には想像を絶する。そんな広大な世界を自由に回遊する鯨になれたらいいなと割と本気で思っていた。

鯨になることはできないが、水族館に行くことはできる。しばらく水族館に行っていないので、水族館に行きたい。

狙っている水族館はいくつかある。

アクアマリンふくしまは近いうちに必ず行きたい。なぜなら、シーラカンスの標本があるから!昔とある展示でシーラカンスの標本を見て以来、僕はシーラカンスに魅了されている。何千万年も前、まだ恐竜が存在していた時代からほぼその姿を変えずに、深い海の底で種をつないできた。そういうフィルターを通して見ているからかもしれないが、その姿は幻想的でもあり、生命の神秘を感じさせる。そんなシーラカンスをもう一度見たい。だからアクアマリンふくしまには、必ず行きたい。沼津深海水族館にも標本があるらしいので、そちらも必ず行きたい。

あとはダイオウグソクムシで話題になっている鳥羽水族館にも行きたい。行きたいけど三重はさすがに遠いので日帰りでは行けない。ただし三重は水族館以外にも行ってみたい観光スポットがいくつかあるので、いつか旅行したい。いつになるかは分からないが。


2.美術館に行きたい
これは特に言及しなくても、空いてる休日にしょっちゅう行っているのだが、それでも行き足りない。今やっている展示だと、損保ジャパン美術館のオランダ・ハーグ派展に行きたい。それから開催は2か月後だが、ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展も楽しみだ。巡回展示だけじゃなくて、各地の美術館の所蔵作品も見たい。京都とか広島とかの美術館に行ってみたい。ニューヨークとかパリとかオランダとかオーストリアの美術館にも行きたい。要するに美術館に行きたい。行きたいんです!


3. 散歩したい
春だ。寒くもなく暑くもない。研究は仕事だし、それはそれで楽しいのだが、こんな麗らかないい天気の春の日に研究室にこもって実験をしていると、なんとなく拷問を受けているような気分にならなくもない。どこか静かな所に行ってのんびり散歩でもしたくなる。


4. 本を読みたい
実は正月に読めたらいいなと思って買った小説をまだ消化していない。あれも読みたいこれも読みたいという希望と読書に充てられる時間の勘定にいつも失敗する。1日が26時間あって毎日2時間僕の読書行為が法的に保障されたらいいのになって思う。何を言ってんだよという感じだが。




とりあえず4つ挙げたが、これらのことをやりたいと同時に、研究も進めたいというのも同様に感じている。研究をすっぽかすことはできない。だからたぶんここに挙げたやりたいと思っていることの半分も実行できないだろう。悲しいことだ。

スポンサーサイト

« 研究と感情|Top|STAP細胞を信じない5つの理由 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/72-025b0f74

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。