東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検一級の過去問を解いてみた

英検一級の試験が来週の日曜日に迫ったので、時間を測って過去問を解いてみた。
ちなみに過去問は過去3回分が英検の公式webサイトから無料で落とせる。
今回解いたのは2013年度の第一回。

以下自己採点の結果

大問1(語彙)
11点(25点中)

大問2・3(読解)
23点(26点中)

大問4のエッセイは書いたが省略(配点は28点)

リスニング
25点(34点中)


エッセイを除いた合計点は59点。
これに28点満点のエッセイの点数が足される。
このサイトによると、この回の合格点は78点なので、エッセイで19点取れば一次試験を通過出来たことになる。

もうちょっと点を取れると思っていたので悔しい。エッセイで何点取れるかは未知数なので、この感じだと通ったとしてもギリギリだし、通らない可能性の方が高そうだ。受験の模試に例えるとC~D判定といったところだろうか。

あと一週間追い込んでどうなるか?とりあえず落ちたくないので頑張りたい。



以下解いていて感じたことのメモ

・語彙問題は分からない単語ばかりだけど、問題文を読んで単語のスペルを眺めているとなんとなく正解を導ける場合がある。真剣に考えて解いたら思ったより点が取れた。(それでも受験者平均より低いが)

・読解問題は時にかなり嫌らしい出題の仕方がある。出題文をかなり強引に解釈している場合や、消去法で選択肢を消していって残った選択肢が「どうもしっくりこないけど間違ったことは言ってない」から正解という場合がある。

・読解とリスニングを満点取れればエッセイと語彙は受験者平均より下でも大丈夫そう。個人的にこの2つをいかに落とさないかが鍵。

・リスニング問題(特にpart 3)は出題形式が独特なので、形式に慣れることでかなり正答率を上げられそう。part 3はsituationとquestionだけじゃなく、選択肢にも目を通しておいた方が良い。というのも、聞き落としやすい固有名詞が選択肢に書かれている場合が多いので、聞き取りのヒントになる。

・たまにブリティッシュアクセントの人が出てくる。アメリカのアクセント慣れている自分は一瞬「!?」となったが、聞き取りは普通に出来た。勉強の際にアメリカ英語やイギリス英語はそこまで気にする必要はなさそう。ただし基本はアメリカ英語。

・リスニングは間髪入れずに次の問題に行くので、わからなかった問題を引きずらないことが大事。


こういうTipsは英語力そのものというより試験のためのテクニックなので、本当はこんなこと考えなくてもスラっと通ってしまう圧倒的な英語力を付けたかったが、現実問題として試験1週間前にボーダーの下なので・・・しょうがないかな・・・?

ちなみに英検の受験票はこんな感じ。写真を貼らないといけない。


スポンサーサイト

« ワールドカップの思い出|Top|国立新美術館のすすめ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/77-01235215

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。