東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップの思い出

まだ小さかった頃、僕はサッカー選手になりたかった。

小学校の卒業アルバムを開くと、将来の夢はサッカー選手としっかり書いてある。当時は本当にサッカーが好きでサッカー選手になりたかった。

ドーハの悲劇とかワールドカップアメリカ大会の頃はまだ低学年だったが、家族がテレビで観ていたのを一緒に観ていた記憶がある。たぶんその頃から公園で父とボールを蹴り始めたと思う。

フランス大会の頃はサッカー好きの絶頂期で、その頃はプロになって代表になってワールドカップに出るんだと意気込んでいた。ただし、強豪校やユースに入っていたわけでなく、実力は至って平均的なもので現実的に考えて日本のトップを目指せる素質があるわけでは無かった。


小さかった自分も、年を重ねると当然そういう現実を受け入れるようになる。

それでも日韓大会のころまでは部活に入って毎日ボールを蹴っていた。

それまでずっと続けてきたサッカーを止めるなんてことは思いつかなかったからだ。

高校1年のある日、サッカーは元々楽しくてやっていたはずなのに、部活に向かう足が重くなっていることに気が付いた。

顧問との相性が悪かったのかもしれない。部活の雰囲気が合わなかったのかもしれない。サッカーを嫌いになったわけではないが、そこで行われている活動にわざわざ赴く意義を見出せなくなって、部活を辞めた。

その時のショックの大きさをまだよく覚えている。自分にプロになる実力が無いということはとっくに分かってたはず。それでも、小さいころあんなに憧れた、あんなに大好きだったサッカーを、辞めた。自分で選択したことだったが、何ヶ月か心にぽっかりと大きな穴が開いたようだった。

それから僕にとってのサッカーは基本的に"観る"ものになった。ごくたまに友人と実際にプレイした。

ドイツ大会の時は大学生だった。明確な戦術が無いが何故か大事な試合では勝ってきたジーコジャパンが、本番で良い所なくグループ最下位に終わるのを当時流行っていたmixiにブツブツと愚痴を書き込みながら見ていたのを覚えている。

「彼」のことを認知し始めたのはそれから2年後の北京オリンピックの時。当時は特に強い印象を持たなかったのだが、その後発言が偉そうだとマスコミに叩かれた時に、「とりわけ目立たなかったのに態度だけはでかいんだな」と思った。そのうち消えるだろうとも思った。

だがその予想は間違っていた。彼、本田圭佑は2010年の南アフリカ大会に2年前からは一回りも二回りも大きくなって再び現れ、短い間に代表の中心選手に成り上がった。日韓大会以来の16強進出に熱狂したのは彼のおかげと言っても過言ではないだろう。デンマーク戦の日は授業の一環で病院見学があったのだが、早朝の勝利を受けて医師や看護師がハイタッチしている輪に自分も加わったのを覚えている。

僕は本田圭佑と同い年だ。そのこともあって、彼には一目置いている。彼のぶれずに着々とステップを上って夢を叶えていく姿を見て、彼を尊敬している。

高校一年の時にサッカー部を辞めた時、僕はいたずらに「信じれば夢は叶う」とふれこむ各界の著名人に腹を立てていた。夢を叶えられる人なんか選ばれたごく一部の人だけではないかと。しかし、本田圭佑を見ていると「信じれば夢は叶う」というのもあながち嘘ではないのかなという気になってくる。とりわけ足が速いわけでもなく、体格にも恵まれているというわけではないだろう。それでも、その不屈で強靭な精神力で着実に成長して、本当にビッグクラブに入ってしまう。僕は北京オリンピックの直後に彼を見くびっていたことを彼に謝りたい。彼は、人は努力次第でこんなにも成長できるんだということを身をもって示してくれた。そしてそんな同い年の彼を見て、研究者になるという新たな夢を持った僕も自分を奮い立たせることができる。

ブラジル大会。コートジボワール戦は残念だったが、まだ2試合ある。また4年前みたいに熱狂させてほしい。頑張れニッポン!

スポンサーサイト

« 英検1級一次試験の結果|Top|英検一級の過去問を解いてみた »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/78-59945d5b

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。