東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何事も良い経験だから!!」

9月8日のエントリー、「部活を途中で辞める奴は根性無しなのか?」でも触れたのだが、僕は「何事も良い経験だから」という言葉が嫌いだ。

「何事も良い経験だから」と言う時、人はある行動を相手に推奨している。例えばAとBという選択肢があり、「Aを選んだ方が良いよ、何事も良い経験だから」とある人が言う。それはAを選択することがBを選択することよりも優れているということを意味している。その理由は「何事も良い経験だから」だ。しかし、何事も良い経験ならBを選択したっていい経験になるのではないだろうか?つまり、何事も良い経験だからという言葉はAという選択肢が優れていることの何ら論理的な説明になっていない。このように複数の選択肢の中から一つを勧める時にこの言葉を使うことに意味は無いし、自分ならこの言葉を聞いてもそれを考慮に入れることは無い。

「何事も良い経験だから」という言葉の本来の意味は「自分が経験したことはどんなことでもその後の糧となる」ということであるはずで、その発想に異論は無い。人はどんなことからもその気さえあれば何かを学ぶことができる。嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと、不快なこと、どんな経験もその人のアイデンティティを形成する一部となってその人の将来に良い影響を与えることができる。

だから「何事も良い経験だから」という言葉も、「Aをするか、もしくは何もしないか」という選択肢でAを勧めるために使われるなら理解できる。何も考えずにボーっとしているのと、何かを経験しているのでは、何かを経験している方がその人にとっていい事であると僕も考える。

しかし、人というのは退屈が苦手な生き物で、どんなに消極的で受身な人でも、暇な時間には何かをしていることが多い。人は「何事も良い経験だからAを選んだ方が良いよ」とAを勧める。しかし、Aを選ばなかったことで浮いた時間を使って全く別のことを経験することだってできる。それだって当然良い経験だ。

人が生きていられる時間は有限だ。何事も良い経験だが、実際は何かを経験できる時間は限られていて、すべての事を経験することは不可能だ。したがって、人は日々の中で自分が経験することを無限の選択肢の中から常に選択して生きている。「何事も良い経験だから」というのは「どんな経験も自分の糧となる」という意味で当たり前のことで、それは無限の選択肢の中から一つを選択する論理的な理由にはなり得ない。多種多様な"経験の質"の中で、どれが自分の求める質なのか、何が自分にとって最良の経験になり得るのか、よく考えて選択すべきだ。

僕がこういう考えを持つようになったのも、以前何かを勧める理由に頻繁に「何事も良い経験だから」と言う知人がいたからだ。僕がその助言に従わざるを得なかった時、それってやっぱり違うんじゃないかと感じた。だからもし自分が今後誰かを指導したり部下を持った時には、「何事も良い経験だから」という言葉は決して使うまいと心に誓った。そういう経験をさせてもらえたという点で、その知人には感謝している。

ただその知人にも知人なりの哲学があるのだろう。というのも、自分が良かれと思った選択肢でも、結局それが良かったかどうかなんてパラレルワールドを自由に行き来でもできない限り確かめようが無いからだ。その意味では偶然に身を任せて何も考えずに片っ端から経験していくのも間違いではないのだろう。

考えて選択するか、偶然に身を任せるか、あなたはどちらを選ぶ?

スポンサーサイト

« 仮面浪人をした話 その2|Top|研究者とネットと人々 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/89-913dfe62

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。