東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究者としての責務

研究者を目指す人が、研究者を目指すようになった理由は色々あると思う。

例えば親が研究者で憧れていただとか、自分や親族の病気に触れて治療法を開発したいと思っただとか、ただ単に研究して真理を探究するのが好きだからとか、色々だと思う。

色々な動機があって当然で、それで全く問題ないと思うが、一度研究の世界に足を踏み入れたなら、各々の動機に関わらず「科学」とはいったい何なのか、「科学コミュニティ」の一員として自分の役割は何なのかということを考える機会があるべきだと思う(指導教官がそういう機会を与えるべき)。なぜなら「科学」はそのコミュニティの協力と努力で発展していくもので、研究者は科学の発展のために努力するものだから。

「自分は〇〇のために研究者になったから〇〇のためだけに精力を注ぐ」と考える研究者が居たとすれば、僕はその人は研究者失格だと思う。研究者には「科学コミュニティ」に対して果たすべき義務があり、自分勝手な理由でそれを拒むことは研究者としてあってはならない態度だ。

例えば科学に必要不可欠なシステムとしてpeer review systemがある。論文を投稿した時に同分野の研究者がその内容を査読するこのシステムは、ボランティアで行われる。何故貴重な時間を割いて他人の論文を無償で審査するのかという理由は、どの研究者もpeer review systemの恩恵にあずかることと、そのシステムが科学を推し進めるのに必要だからだ。「第三者によってその内容が精密に審査された」ということは論文の手続きや主張の正当性が保証されることでもあるので、論文を投稿する研究者は必ずその恩恵を受ける。自分だけ投稿者としてpeer review systemの恩恵にあずかって、逆に査読者としてコミュニティに奉仕はしないということは決して褒められた行為ではないので、多くの研究者は論文の査読をたとえボランティアであっても引き受ける。

そしてこのシステムは科学が発展するために必要不可欠だ。論文の手続きや論理構成に誤りが無いか、論文で導かれている結論が妥当なものか査読者が審査することで、きちんとした内容の論文だけが「査読済み」論文として発表される。そしてその信用性のある論文を多くの研究者が読み、それを引用して新たな論文を書くことで科学という「集合知」が発展していく。だから査読という行為は、論文の瑕疵を何とか見つけて何かといちゃもんをつけるような行為では決してなく、「どうしたらこの論文がより多くの研究者のためになる内容になるか」という思考法で行われるポジティブな行為なのだ。このことを理解していないひたすらネガティブな査読者も往々にして存在するようだが。

捏造論文が許されないのは、科学コミュニティに全く貢献しないだけでなく逆に害を及ぼすからだ。peer review systemは性善説に基づき、著者が嘘をついてないという前提で論文を審査する。仮に著者が嘘のデータで論文を投稿しても、多くの場合それを査読者が見抜くことは困難だ。そして一度捏造論文が発表されてしまうと、多くの研究者がその追試等で貴重な時間を浪費してしまう。

だからもし研究者に科学コミュニティに貢献しようという意識があるなら、捏造なんて起こり得るはずがないのだ。捏造は目先の業績や名誉に目がくらんだ卑怯者の行為だ。それに真の研究者としての功績は、たくさんの論文に引用されて科学の発展に寄与した仕事の上に築かれるもので、決して再現不可能な捏造論文の上に築かれるものではない。

昨今の科学業界でのスキャンダルを追いながらそんなことを考えていた。たぶん犯罪が無くならないように、捏造も無くならないだろう。それでも、研究者としての心構えの教育が浸透すれば少しでも愚かな行為が無くなるのではないだろうか。pubpeerを介した匿名者による監視や、SNSによる不正発見の世界同時的な共有が、捏造のダメージを少なくするような方向に働いていることは時代の変化として良い事だと思う。

スポンサーサイト

« [英語] 話すための第一歩|Top|仮面浪人をした話 その3 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyocicada.blog.fc2.com/tb.php/98-394ba578

Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。