東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立科学博物館のすすめ ~地球館編~

もしあなたが理系の人間であるなら、国立科学博物館を訪れない理由は無い。そこは理系の心を揺さぶる良質な展示物に溢れている。理系に進んだ人の誰もが幼い時に持ったであろう、「なぜ世界はこんなにも不思議なんだろう?」という根源的な問いを思い出させてくれる。人類はその根源的な問いを追求し、科学を発展させてきた。そしてこれから発展させるのが我々・あなたたちだ。国立科学博物館に行けば、いつだって新たな疑問の発見がある。

もしあなたが文系の人間であるなら、国立科学博物館を訪れない理由は無い。あなたを含めた人間は、地球上のあらゆる動物達と同じ生物でありながら、同時に他の生物とは違う特徴を持っている。なぜ人類は他の生物と違い、高度な科学と社会を持つことができたのだろうかという問いは、人間の社会を考える上でも当然生じてくる疑問だろう。国立科学博物館には地球における生物の歴史が展示され、そこからどのようにして人類が生まれてきたかのヒントがある。人としてそれらについて考え、知っておくことは決して損ではないだろう。

要するに、
みんな国立科学博物館に行くべき


国立科学博物館は、上野公園の中にあり、以前紹介した国立西洋美術館や上野に存在するその他の美術館・博物館群のひとつである。



期間限定の特別展も開かれているが、国立科学博物館の特徴は何と言っても常設展の充実である。特別展も毎回質の高いものが開かれているが、科学の展示物としての質・量ともに常設展はいつだって特別展を凌駕すると思う。専門的に生物学を研究している博士学生が何度訪れても飽きないくらい質の高い展示物がたくさんある。ソースは俺。もちろん、専門的に研究をしていない人でも楽しめるような解説もある。まさに大人から子供まで楽しめると思う。

国立科学博物館の常設展には「地球館」と「日本館」がある。展示を一つ一つ噛み砕きながらゆっくり回ると、それぞれを回るのに半日ずつかかる。それくらい量がある。この投稿ではひとまず「地球館」を紹介してみたい。


地球館の案内


地下三階から地上3階まで6フロアある。

すべてを紹介していると長くなるので、ここでは僕のおすすめであるB2階「地球環境の変動と生物の進化」と3階「大地を駆ける生命」を紹介する。


B2階の「地球環境の変動と生物の進化」では、地球の誕生から生物の誕生、そして生物が辿ってきた進化の歴史が体系的に貴重な化石や模型と共に展示してある。

地球ができたのはおよそ46億年前。およそ40億年前に海ができたとされ、そのころ最初の生物が生まれたとされる。最初の生物がどんなものだったかは確定的な情報は無いが、おそらく海底のマグマ噴出口のようなところで生活する好熱性のバクテリアだったと考えられている。この時何かのきっかけで誕生した原始的な生物が、40億年という長い長い年月をかけて、現在見られる多種多様な生物に進化してきた。このことは考えれば考えるほど不思議なことで、地球上に見られるありとあらゆる生物~すべての動物、魚、虫、草花、樹木、微生物~がこの時生じたたった一種類の原始的な生物から進化してきたのだ。

しかし、40億年前に生じた生命は、その後現在に至るまでのほとんどの期間を海の中で原始的な微生物のまま過ごす。細胞の中に核などの小器官を持つ真核生物が誕生したと考えられるのがおよそ20億年前で、最初の生物から20億年かかっている。それから多細胞生物が出現したのが約10億年前と考えられているから、真核生物から多細胞生物までさらに10億年かかっている。その後徐々に大型化する種が現れ、6億年くらい前になると脊椎動物の化石が見られるようになる。

B2階の展示では、各年代の化石や資料が年代順に展示されている。

30億年頃前に増加した、光合成によってエネルギーを得るシアノバクテリアが形成するストロマトライト
 


4億年前に存在した板皮魚類の頭部の復元模型

写真だと大きさがわかり辛いかも知れないが、この頭部、幅60cm奥行150cmくらいはあるんじゃないだろうか。これが4億年前の海を泳いでいた。

4億年前に植物が陸上に進出し、追って両生類が陸上に進出する。海・陸両方でさらに多様性を増していた生物だが、2.5億年前に生物史上最大の大量絶滅が起こる。その原因は今も盛んに研究されていて明確な答えは出ていない。この時に地球上の90%近くの生物種が絶滅したとされている。

しかし、大量絶滅というのは、生物にとって進化のきっかけとなるイベントだ。進化生物学的には、過酷な環境により大量絶滅が起こる状態は「淘汰圧」が生物に強くかかっている状態でもある。生物はその進化の過程でいくつもの大量絶滅を繰り返して現在の形質を獲得してきた。2.5億年前の大量絶滅の後にもより多様性を増した生物が再び地球上に現れる。その中には巨大な爬虫類・恐竜や哺乳類も含まれる。

これはB1階の展示だが、恐竜の骨格の復元模型がある。



その恐竜も6500年前の隕石の衝突に伴う気候変動で絶滅してしまう。

恐竜が絶滅すると、今度は哺乳類の大型化が始まる。B2階ではそんな過去の大型生物の骨格模型がある。哺乳類ではないが、個人的なお気に入りはこのカメ。


絶滅してしまった生物は、このような化石や標本でしかその姿を見ることができない。それが実際に生きていた姿は、せいぜい我々の想像の中で再現することしかできない。このカメが古代の海を泳いでいる姿はどんなものだったのだろうか。そんな想像を巡らす、ただそれだけのことなのだけど、何故だかそんな想像は心をわくわくさせる。

生物の進化を辿れるB2階の展示の中でも、結構なスペースが割かれているのが、「ヒトの進化」だ。


所謂ヒトであるホモ・サピエンスが進化の文脈でどのように生まれてきたのか、分かりやすく時系列に沿って展示されている。例えば上の写真、他の哺乳類では頭部の中で突出している顎の骨が、霊長類において突出が無くなり、さらに脳室の容量が大きくなっているのが簡単に見て取れる。

現存する生物の中で、最もヒトに近い生物はチンパンジーだと言われている。ヒトの祖先はチンパンジーの祖先から約500万年前に別れ、それから二足歩行と脳の容量増加を特徴としたヒトの進化が始まる。最初の‘ホモ属’であるホモ・ハビリスが生まれたのは約200万年前だとされる。


興味深いことにヒトの進化は常にアフリカで起こったとされる。北京原人やジャワ原人として知られるホモ・エレクトスはユーラシア大陸に進出していたことが知られているが、ではホモ・エレクトスが今ユーラシア大陸に住んでいるヒトの祖先かというとそうではない。ホモ・エレクトスは数万年前に滅び、その前にアフリカで進化していたホモ・サピエンスが新たにユーラシア大陸に進出し、その後全世界に生息域を広げていく。

ホモ属として現代まで生き残ったのはホモ・サピエンスだけで、チンパンジーより高度な脳を持っているはずのホモ・エレクトスやホモ・ネアンデルタールは滅びた。チンパンジーは現代まで生き残っているにも関わらずだ。それらの旧人類とヒトとの間にどんな違いがあったのかというのは非常に興味深い。もはやそれを知るすべは無いのかもしれないが。

写真は数万年前までヨーロッパで生きていて、ホモ・サピエンスと同等以上の脳容量を持ったホモ・ネアンデルタール


ホモ・サピエンスが進化し、世界中に進出しだしたのは7万年前で、約1万年前からエジプト文明などの現代にも残る文明の発展が始まる。ホモ・サピエンスが誕生した当時の我々の祖先は、サルに毛が生えたような生活をしていたんじゃないかと思う。それが現代までに科学技術と文化を発展させ、今の人類に至る。当然のことなのかもしれないが、改めて進化の流れを踏まえて考えると、とてつもないことだと思う。



地球館の展示において、もう一つ強烈なのが、3階にある「大地を駆ける生命」だ。ここでは一つのホールに世界中から集められた様々な生物の固定標本が展示してある。もちろん生きているわけではないが、世界に広がる生物の多様性を感じられる空間だ。本当に圧巻なので、ぜひ一度訪れてみてほしい。




ここで紹介できた展示は、国立科学博物館・地球館の展示の中でもごく一部だ。実際に行ってみると、より多種多様な題材に関する質の高い資料がたくさん展示されている。科学や生き物が好きな人なら誰でも楽しめると思う。将来自分に子供ができたら頻繁に連れて行くだろう。

関連投稿
国立科学博物館のすすめ ~日本館編~

リニューアルした国立科学博物館の地球館


東京の風景

東京の風景を撮影した良い動画を見つけた。

東京 (Tokyo) from malcolm tan on Vimeo.





撮影者はおそらく外国人。
こういうのは異文化の視点から撮った方がうまく特徴を捉えられるのかもしれない。
前半は東京の人々の表情に焦点を当てている。
後半は微速度撮影でまさにこれぞ東京と言った感じの風景を撮っている。
特にあわただしく人や車が行き交う様子や、
ひっきりなしに電車が発着する様子がよく撮れていると思う。

とても見慣れた風景で、安心する。

先日友人に「東京に思い入れがあるんだ」と言ったら、
「めずらしいね」と言われた。

たしかに、東京は街が大きすぎるせいか、もしくは人口が多すぎるせいなのか、
東京で生まれ育った人でも東京を故郷として愛するという習慣は一般的ではないような気がする。
地方出身の人は大抵地元愛があるのに。
同じ都会でも、横浜の人は「ハマっこ」としてプライドを高く持っている気がする。

実は自分も最近まであまり東京を故郷として意識することはなかったのだけれど、
大学に入って様々な国や地方から来る人の価値観に触れ、
自分が物心ついた時からずっと住んでいる東京という街について意識するようになった。

そうやって意識してみると、実は東京というのは素晴らしい場所なのではないかと思うようになった。
そんな素晴らしい東京の側面をこのブログでも紹介できたらいいと思う。


ところで僕は生まれてからこのかた東京の外で一ヶ月以上暮らしたことが無いのだけど、
今後他の場所に移ったときに上手くやっていけるのだろうかと心配になる。
博士号を取った後に海外留学する可能性も大いにあるのに。
今から「東京シック」になる姿が目に浮かぶ。

ちなみに東京以外の風景も入っているが、
以前見つけたこの動画もお気に入りだ。
これも外国人撮影。素晴らしいです。

Hayaku: A Time Lapse Journey Through Japan from Brad Kremer on Vimeo.



東京の桜ハイライト2013@東京BLOG

今年撮った桜の写真を貼る。

今週寒かったので桜は思ったより散らずに残っている。
桜の息が長いのはうれしいが、天気があまり良くなかったのは残念だった。
 
RIMG2270 (2) 



RIMG2274.jpg 


RIMG2275 (2) 


RIMG2280 (2) 


RIMG2292 (2) 


RIMG2299 (2) 


RIMG2305 (2) 



東京タワーとスカイツリー

先日とある用事で東京タワーの近くに行くことがあった。

その場に研究室の何人かが同行していたのだけど、
話題が東京タワーとスカイツリーの比較になった。

その場で一番年上だった教授は、
「やっぱり東京タワーの方がスカイツリーより風情があるよな」
と言う。

なるほど言われてみれば、
住宅地で唐突にそびえるスカイツリーよりも、
高層ビルの合間からたまに覗く赤い鉄塔の方がなんだか風情がある気がする。

RIMG2126.jpg 


RIMG1915.jpg 




それに、青春を昭和に生きてきた教授には、
東京タワーの方に色々と思い出や思い入れがあるのだろう。

じゃあ割と新しい世代である自分は、と言うと・・・
特にスカイツリーに思い入れがあるわけではない。
スカイツリーができてすぐの頃は、
「高いねー」とか、歩いていてスカイツリーが見えると「あ、スカイツリーだ!」
と反応した時期もあった。
しかし、後にスカイツリーが都内のどこにいても良く見えることを知った。

例えば、池袋
RIMG0054.jpg 




例えば、荒川
RIMG0677.jpg


毎日のようにその姿を見ていると、有難みが全く無くなった。



しかし、東京人としては新名所を見るだけではなくて実際に登ってみなくてはいけない!
という思いで去年の夏だったか秋だったかにスカイツリーに登った。

写真を見てもらっても分かるが、
スカイツリーが立っている場所は、
東京都内でも高層ビルが連立しているような中心からは少し外れた所だ。
当然山手線の外側だし、スカイツリーから少しでも歩けばそこは閑静な住宅街になる。

オープンしてから何ヶ月か経っていたが、まだ休日に行くと凄まじく混んでいる。
展望デッキに行くチケットを買うのに整理券が必要なのだが、
昼に行くとすでに夕方の整理券だった。

ただそこは観光施設としてよくできていて、
近くに東京ソラマチという様々な飲食店だとかなんやらが入っているビルがあったり、
水族館があったりで、時間を潰す方法はいくらでもあった。
ソラマチも入ってみたい店がたくさんあった。どこも激混みだったが。
水族館はこの時は行けなかったので再度チャレンジしたい。


展望デッキについては、一回登ってみたい気持ちはあったが、
期待は全然していなかった。
東京タワーしかり高層ビルに登り慣れている変な自負があった。

しかし、実際に登ってみると完全に予想を裏切られた。
どこからでも見えるので見慣れてしまって、
見るだけではもう何とも思わなくなってしまったスカイツリー
だが一度その中に入ってみると、そこには全く違った景色が広がっていた。

高い!当たり前だけど、実際に中に入ってみるとすごく高い!
そして延々と続く東京の街が一望できる。
こうして見ると東京という街がいかに巨大な都市なのかということを実感する。 実感した。

展望デッキに行った時に写真も撮ったが、
写真だとあまり感動が伝わらないので、
まだ登ってない人は是非一度登ってみてほしい。
東京すげえって思うから。

なんか東京のステマみたいになってるけど、
僕は単純に東京に思い入れがあるんです。

ちなみに、スカイツリーのこんな写真も持ってたりする。
RIMG1869.jpg 


「なんだ、お前やっぱりスカイツリー好きなんじゃないか」
と思うかもしれないが、別にそんなに好きではない。


国立西洋美術館のすすめ

何年か前から美術館に行くのが好きになった。

それまでは絵画に対してほとんど興味は無かった。
学校での美術は別に嫌いではなかったが、
興味を持って取り組むということはしなかった。
高校の芸術の授業は音楽を選択した。

そんな僕が暇を見つけて美術館に足を運ぶようになったきっかけが、
国立西洋美術館だ。

最初に国立西洋美術館を訪れた理由は、
アクセスが良かったし、
自分の大学が国立美術館キャンパスメンバーズに入っていたので、
無料で常設展を見れるからだ。
暇だし無料だから一回行ってみるか。そんなノリだったと思う。

行ってみるとド素人の自分でも思いのほか楽しめたので、
その後たまに暇ができるとフラッと立ち寄る。
それからこれをきっかけに色々な東京の美術館に足を運ぶようになった。

今日はそんなきっかけを作ってくれた国立西洋美術館を少し紹介したい。



国立西洋美術館はJR上野駅の公園口から出て、
動物園方面に30秒ほど歩いた右手にある。
敷地に入るとそこが前庭になっていて、
何点かの彫刻が展示してある。

昔なんかのCMで有名になったロダンの彫刻「考える人」がある。
RIMG0066.jpg 


展示は企画展と常設展がある。
企画展は何の企画かによって全く趣向や個人にとっての価値が異なるので、
興味のあるものをやっていたら行ってみると良いと思う。

僕がお勧めしたいのは、常設展だ。
この常設展、前述のようにキャンパスメンバーズに入っている大学の学生なら、
学生証があれば無料で入れる。
しかもこの常設展、かなり充実している。
元々は松方コレクションという、20世紀初頭のお金持ちが収集したコレクションが元になっているらしい。
14世紀くらいから20世紀までの主にヨーロッパの絵画が年代順に見れる。

自分は芸術論を語れるようなプロではないので、
それぞれの絵の価値について語ることはしない。
芸術の楽しみ方は人それぞれだと思う。

これを読んでいる人で、以前の僕のように美術館に興味を持ってないという人でも、
もし時間があったら一回行って実物を見てみることをお勧めする。
名作は何も考えないで見ていても心に何か訴えかけてくるものだと思うし、
個人的には絵が描かれた当時の風景とか服装とか
人の表情とか見ているだけでも面白いと思う。
そして国立西洋美術館には行くに値する良作がそろっていると思う。

絵画の知識のある人向けに、
国立西洋美術館の常設展で見れる近現代の有名な画家の名前を列挙してみる。
ピカソ
ムンク
ゴーギャン
ゴッホ
モネ
ミレー
ルノワール
クールベ

近現代の誰もが知っているような画家だけでもこれだけの人が揃っている。
(もちろん必ずしも彼らの代表作が所蔵されいるわけではない。
むしろ国立西洋美術館では、 名前を聞いたことが無い画家の
作品に見ごたえがある作品が多いように個人的には思う。)
これらの画家に加えて近現代以前の絵画も多数展示されている。

以下個人的に印象に残っている作品を挙げていこうと思う。
画像はリンク先の国立西洋美術館のオフィシャルサイトで見ることができる。



マリー=ガブリエル・カペ「自画像」

このいたずらっぽい微笑みと、斜めから見下ろすような顔の角度。
たぶん〇〇〇な性格なんだろうなー。と考えるのが面白い。
個人的には勝ち気だけど人懐っこい子だったろうと思う。

話は変わるが、西洋画に出てくる女性は近現代以前でも
かなり肉付きが良い、今で言うぽっちゃりな女性が多いと絵を見てて感じる。
絵画のモデルになるような女性(貴族?)に限ったことかもしれないが、
きっと裕福な生活をしていたんだろうなと思う。
それとも当時はそれが美しいとされていたのだろうか?




ギュスターヴ・ドレ「ラ・シエスタ、スペインの思い出」

ラ・シエスタ(昼寝)、スペインの想い出と題されたこの作品
画像だと分からないが、実は横幅が2mはあろうかという大きな絵だ
この絵の前に立つとまず、
周辺の暗部と対比を成して光が差し込む中央の頭を掻いている少年と目が合う。
眠りから覚めてしまったんだろうか。「なに見てんだよ」と言った感じだろうか。
是非実物を見てほしい。本当に目が合うから。




ジョヴァンニ・セガンティーニ「羊の剪毛」

なすすべなく毛を刈られてしまっている羊が描かれている。
奥にはすでに毛を刈られた寒そうな羊と、
これから刈られるであろう3頭の羊がいて、
柵越しに仲間が刈られる様子を見つめている。
構図が面白い。
というか、刈られる様子を見つめている3頭の羊がかわいい。



ヨハン・ハインリヒ・フュースリ
「グイド・カヴァルカンティの亡霊に出会うテオドーレ」


これも実物は横幅が3mもある巨大な絵。
そして、おそらく国立西洋美術館で一番インパクトのある絵
オフィシャルサイトの説明によると、
好きな人に冷淡にあしらわれた青年テオドーレ(左)
が森を歩いていると、
同じく恋人に冷酷な仕打ちを受けて自殺したグイド・カヴァルカンティの亡霊(中央)が、
裸で逃げ惑うその恋人(右)を犬に襲わせている所に出くわした場面、らしい。
誰かの小説の一場面らしい。
何が怖いって、中央の馬の目。
「ギョロ」という言葉はこの馬のためにあると言っても過言ではない。
こんなのに出くわしたら、トラウマで20年引きこもるレベル。笑えない。






ヴィルヘルム・ハンマースホイ
「ピアノを弾く妻イーダのいる室内」


国立西洋美術館で個人的に一番好きな絵。
何が好きかというと、雰囲気が好き。それだけ。
簡素な部屋の奥で妻がピアノを弾いていて、
部屋には左から光が差し込んでいる。
どこからか彼女が弾いてるメロディーが聞こえてくるようじゃありませんか?






以上個人的なお気に入りを挙げました。
国立西洋美術館のすすめでした。



« Prev|Top

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。