東京BLOG

生命科学の研究者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説] 「タタール人の砂漠」 ブッツァーティ 脇功訳

タタール人の砂漠 (岩波文庫)タタール人の砂漠 (岩波文庫)
(2013/04/17)
ブッツァーティ

商品詳細を見る




一年の初めにその年の目標を立てる。今年はこんな年になったらいいなと思いを巡らし、自分を待ち受けているであろう輝かしい未来に胸を膨らませる。でも気づいたら結局ほとんど何も変わらずにまた次の一年がやってくる。一年に限ったことではない。子供の頃思い描いた輝かしい未来。自分には必ずや栄光や名誉をもたらす特別な出来事が起きるに違いない。今年でなくても、また来年に。そのまた次の年に。そうして特別な瞬間を待ち受ける間にも時間は確実に過ぎ去り、人は年を取っていく。気づいて振り返った時には、もうその大切な時間は戻って来ない。

「タタール人の砂漠」はイタリア人の小説家ディーノ・ブッツァーティが1940年に書き上げた小説だ。青年のドローゴ中尉は国の北の国境を守るための砦に配属される。その砦は広大な砂漠に面しており、一見して何の脅威も降りかかりそうにないが、砂漠に住むタタール人がいつの日か襲撃に来るという言い伝えが兵士の間に広まっていた。街から遠く離れ、盛り場も無く、家族とも親しい女性とも離れ、ただ砂漠だけが存在するその砦でドローゴは襲撃に備える任務に就くことになる。いつ現れるのか、そもそも存在するのかさえ明らかではない敵を待ち構えるドローゴの「人生」が描かれる。

ずっと同じ環境に生きていると、様々な感覚が麻痺してくる。外の世界から見たら異常なことがその中では当然のこととなる。ドローゴも砦の中の多くの人と同じようにそんな感覚麻痺に陥った人の一人だと思う。当人は大きな使命感によって満たされていても、その賭けの勝算がどれくらいなのかについては主観的な考察では一切答えは出ず、残酷に刻まれ続けている時の流れにも気づけずにいる。多くの人はこの小説を反面教師として読むのかもしれない。僕はこの小説に反面教師的な一面を見つつも、実はそうではないのではという一面も見えた。詳しくはネタバレになるので書かないが・・・。作中ではドローゴの心情を事細かに追うことができる。あなたもドローゴの人生を疑似体験してみては?

[小説] 「イン ザ・ミソスープ」 村上龍

海外に行ったり、外国人と会話したりすると、自分が日本で生まれて日本で育った日本人であることを自覚する。ずっと日本にいて日本人とだけ接していたならこういう感覚を味わうことは無かっただろう。当然のことなのかもしれないが、国や文化の違いによってその人の行動や考え方は変わる。そうやって色々な文化を知る経験を繰り返すと、自分が育ってきた文化が相対化されて、より深く自分の文化を理解する契機となる。

この小説でも、大都会東京の新宿に現れた一人の外国人が日本的なものに触れる出来事が小説の柱になっている。映画「ロストイントランスレーション」を思い出したが、扱われている題材はより重く、深刻だ。村上龍が日本社会や日本人にはびこる一種の考え方に対して持っている危機感が、一人の外国人を通して強烈なメッセージとなって伝わってきた。普段の我々が何気なく見ている光景、当たり前のように見過ごしている光景の真っ只中に、異文化で育って異なる考え方を持つ外国人を動員することで、社会の問題点を浮かび上がらせている。この外国人は一体何者なのか?続きは小説で。

イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫)イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫)
(1998/08)
村上 龍

商品詳細を見る



[小説] 「かわいそうだね?」 綿矢りさ

小難しいことやリスクを考えずに欲望のままに生きれるのなら、それに越したことは無いと思う。実際は社会のルールやマナーを一々考えなくてはいけないので、なかなかそんな生き方はできない。それでも比較的自分の欲求に忠実生きている人を見ると、羨ましく思うことがある。この小説の主人公も、小難しいことを一々考慮して生真面目に生きているタイプだ。その甲斐あってそれなりの社会的地位と安定した収入を確保できてはいる。しかし、それ以外の点では真面目さ故にどこかで損をしてしまう。この小説では、生真面目に生きる主人公の女性の苦悩を、自分の欲求に忠実に生きたいように生きるもう一人の女性と対比させるという形でありありと描いている。

綿矢りさの作品を読むのは「蹴りたい背中」以来だった。おそらく「蹴りたい背中」から作品のスタイルとしては変わっていないのだろうけど、より作品が味わい深くなっているように感じた。主人公の生真面目な生き方に僕自身が共感できたというせいもあるかもしれない。ものすごく日常的な題材を読者が楽しめる形で当然のごとく描くことができる稀有な作家だと思う。

表題作ともう一遍の短編が収録されている。もう一遍の方も楽しく読めた。綿矢りさの小説は他のも読んでみたい。

かわいそうだね? (文春文庫)かわいそうだね? (文春文庫)
(2013/12/04)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


[小説] 「白鯨」 メルヴィル

非常に好奇心をそそる読書だった。「白鯨」は1851年にアメリカ人作家・メルヴィルによって発表された小説だ。アメリカ文学の叙事詩的巨編と巻頭には記されており、複数の出版社から訳が出版されている。

物語は、19世紀に世界で盛んに行われていた捕鯨にまつわる話だ。アメリカから出航した捕鯨船・ピークオッド号が、かつて船長の片足を奪った因縁の白鯨、モビー・ディックを仕留めるための航海を始める。メルヴィルは実際に捕鯨船員として捕鯨に従事したことがあり、その経験を元に捕鯨船における作業や人間関係が詳細に生き生きと書かれている。さらには、メルヴィルはこの作品の執筆に当たり、鯨に関して記載しているあらゆる書物を調べており、「鯨学」と呼ばれる鯨に関する背景知識を説明する章がページ数にして1/4から1/3を占めるのではないだろうか。このような本書の特徴を表すのに「知的ごった煮」という言葉が使われている。まさにその通りだと思う。

物語としても、非常に力のある言葉で乗組員たちが描写されており、特に終盤のモビー・ディックとの対面に向かう各章は読みごたえがあった。それに加えて、この本は文化的な側面で非常に面白い。19世紀の捕鯨船の様子がこれだけ克明に書かれているというだけでも貴重な資料だし、現在は個体数の減少により禁止されている商業捕鯨が当時どのような社会的背景で行われていたか、現代と比較して見るのも興味深い。

メルヴィルは作家であり、元捕鯨船員でありながら、非常に科学的・論理的思考に長けていたようで、当時の知識でどのように鯨が科学的に述べられているか見るのも面白かった。一例として「鯨は哺乳類か、それとも魚か」と議論する章がある。ダーウィンによる「種の起源」が出版されたのが1859年なので、この本はそれ以前に書かれており、当然メルヴィルの科学観の根底にもキリスト教的世界観がある。科学的思考の進んだ先にはもちろんキリスト教的世界観と矛盾する点が生じてくるはずなのだが、メルヴィルはそれら2者のちょうど狭間で上手く「鯨学」を語っている。非常に興味深い。

白鯨 上 (岩波文庫)白鯨 上 (岩波文庫)
(2004/08/19)
ハーマン・メルヴィル

商品詳細を見る


白鯨 中 (岩波文庫)白鯨 中 (岩波文庫)
(2004/10/15)
ハーマン・メルヴィル

商品詳細を見る


白鯨 下 (岩波文庫 赤 308-3)白鯨 下 (岩波文庫 赤 308-3)
(2004/12/16)
ハーマン・メルヴィル

商品詳細を見る


[小説] 「半島を出よ」 村上龍

これだけの物語を書き上げるのに、いったいどれくらいの労力が掛かるのだろうか。それはただ受動的に読んでいる立場では決して想像もつかない。この本は小説という形を取りながら、さながら現代日本を批評する新書のようであり、一方で多くの人々の生い立ちを辿っていくドキュメンタリーのようでもある。それらの要素が物語の至る所に散りばめられ、非常に読み応えのある作品になっている。大作だと思う。

設定は2011年の日本(小説が発表されたのは2005年だ)。北朝鮮の反乱軍と名乗る武装ゲリラが突如福岡を占領する。彼らは福岡の人々を人質とし、武力を盾に北朝鮮流の統治を開始する。無能な日本政府は突然の襲来に大した対策を取ることもできず、本州へのテロを防ぐために九州全体を封鎖してしまう。本国から12万人の援軍を呼び込み、本格的な独立を目指そうとする北朝鮮ゲリラと、それに巻き込まれ、対峙する福岡の人々、そして密かに北朝鮮ゲリラの転覆を試みる若者達が描かれる。

物語は多数の章からなり、それぞれの章で別々の登場人物が語り手となる。対峙する双方の主観によって物語を語ることにより、多面的に物を見せると同時に、それが現代社会の問題点を浮き彫りにするような構造になっている。驚いたのは、北朝鮮の兵士も語り手になっている所だ。言語も環境も思想体系も全く異なる国の人物の視点に立って物語を語ること、それがどんなに難しいことかというのは冒頭にも書いたように素人の想像を絶するだろう。村上龍はあとがきで「そんなことができるはずがないと思って書き始めた」と書いているが、北朝鮮の人物がなんと生き生きと書かれていることだろう。素晴らしい。拍手。

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る


半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る


« Prev|Top|Next »

HOME

あぴと

Author: あぴと
生命科学の研究者。ポスドク。東京という街が好きです。
興味のあること:
生命科学、基礎医学、進化生物学、英語、読書、美術、音楽

Twitter始めました



mail: tokyocicada☆outlook.jp

学振関連記事のまとめ


にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。